ドラゴンボール女性キャラ一覧【各画像あり】

ドラゴンボールには魅力的な女性キャラが数多く登場します。本記事では、画像と一緒に女性キャラを一覧でまとめてみました。

スポンサーリンク

ドラゴンボール 女性キャラ一覧にしてみた

引用元:Twitter

ドラゴンボール作品に登場する女性キャラを一覧にしてみました。結構多いので、「戦う女性キャラ一覧」「戦わない女性キャラ一覧」に分けてみました。

私がピックアップしただけでも、総勢27名のキャラがいました。(※モブキャラ合わせたらもっといそうですが)

スポンサーリンク

【戦う女性編】キャラ一覧

戦う女性キャラ一覧
  • 18号
  • パン
  • チチ
  • ビーデル
  • マイ
  • バイオレット大佐
  • ランファン
  • セリパ
  • ザンギャ
  • 西の界王神
  • 六星龍
  • カリフラ
  • ケール
  • チライ
  • ユーリン

 

18号

引用元:Twitter

「ドラゴンボール」のセル編に登場した女性キャラクターです。ドクター・ゲロによって生み出された女性型の人造人間です。初登場時には悟空たちの敵キャラでした。

ですが、魔人ブウ編ではクリリンと結婚。マーロンという女の子を出産したお母さん戦士です。

「ドラゴンボール超」では、宇宙対抗の力の大会に出場するなど戦闘力は依然として高いようです。

管理人の一言
ちなみに、18号と一緒に登場した17号は双子の弟という設定です。18号の方が姉だったんですね。

 

パン

引用元:Twitter

原作漫画「ドラゴンボール」の最終巻に登場した女性キャラクター。悟飯とビーデルの間に生まれた女の子です。悟空から見れば孫ですね。

原作漫画では、小さな体ながら天下一武道回に出場。大男を倒すなどサイヤ人ならではの戦闘力の高さを見せています。この時点ですでに舞空術を習得しており、気のコントロールに関しては悟飯や悟天よりも才能があるのではないかという見方もできます。

アニメ「ドラゴンボールGT」では、ヒロインとして活躍しました。頭にバンダナを巻いて、赤いシャツにパンツというラフな外見で登場していましたね。ゲームなどでは、GT登場時のパンが登場することが多いです。

管理人の一言
ちなみに、原作漫画で天下一武道回に出場した際のパンの年齢は4歳。たった4歳で世界一周を果たすとかすごすぎます。

 

チチ

引用元:Twitter

原作漫画「ドラゴンボール」の初期に登場した数少ない女性キャラクター。悟空の妻で、悟飯、悟天の母親です。上で紹介したパンの祖母にあたります。

初登場時は小さな女の子だったチチですが、成長した姿で再登場しました。天下一武道回で悟空と対戦し、その場で結婚することが決まります。その後、悟飯を出産。教育ママとして覚醒しました。

牛魔王の娘ということもあり、地球人にしては高い戦闘力を誇っています。ただ、出産後は戦う描写はなくなりました。

管理人の一言
ドラゴンボールの女性キャラの中でも人気の高いチチ。「幼女時代のチチが可愛い」「悟空と再会したときのチチが可愛い」など、様々な声があります。

 

ドラゴンボールの女性キャラの可愛いランキングでも、第3位にランクインしています。

 

ドラゴンボール女性キャラ可愛いランキングTOP20【人気の女の子たち】

 

ビーデル

引用元:Twitter

魔人ブウ編に登場した女性キャラ。ミスターサタンの娘であり、後に悟飯と結婚。パンを出産しました。悟空からみれば、義理の娘になりますね。

パン出産後は戦闘描写はありませんが、初登場時には戦う様子が描かれていました。世界チャンピオンのミスターサタンの娘ということもあり、独自に悪さをする人たちを逮捕していました。警察からも一目置かれているビーデルです。

ツインテールのビーデル、ショートカットのビーデル、ボブカットのビーデルなど、様々な髪型に変わっている彼女。ファンの間で人気が高いのは、初登場時のツインテールのビーデルのようです。

管理人の一言
父親のミスターサタンを尊敬していましたが、悟飯に気の使い方を教えてもらう中でいつの間にか父親の強さを超えていました。

 

マイ

引用元:Twitter

「ドラゴンボール」の初期から、現在まで続く「ドラゴンボール超」まで長く登場し続けている女性キャラ。ピラフ一味の一人です。初登場時にはピラフと一緒に悟空のドラゴンボールを狙っていました。

「ドラゴンボール超」では、ドラゴンボールの力によって若返った姿で登場しています。初登場時にすでに大人の女性だったことを考えると、かなりの年齢に達していると思われます。

そんなマイですが、子供のトランクスを「好き」だと言っています。未来では、トランクスとカップルになっています。見た目は同じくらいですが、実際はかなりの年齢差カップルだといえそうです。

管理人の一言
長身で黒髪ロング。クールビューティな見た目のマイですが、実は小学生レベルの下ネタが大好きという設定があります。そのため、「残念美人」だといわれることもあるようです。

 

バイオレット大佐

引用元:Twitter

初期に登場した数少ない女性キャラの一人です。レッドリボン軍に所属し、バイオレット隊隊長として活躍しています。髪の毛の色は紫で、ショートカットにしています。

悟空と直接戦う描写はないですが(たしか)、序盤の希少な女性キャラということでファンからの人気はそれなりに高いです。

これといった戦闘描写はありませんが、レッドリボン軍の軍人ということで「戦う女性キャラ一覧」に分類させてもらいました。

管理人の一言
漫画版では、セリフが三つしかないようです。「ただ今戻りました! 発見が遅れてしまい申し訳ありません!」「このドラゴンレーダーというものはさすがです」「すぐに発見できました」。

 

アニメ版では、少し出番が増えているようですね。また、映画「最強への道」では戦闘機で出撃して撃墜されるという活躍をしています。

 

ランファン

引用元:Twitter

ドラゴンボールの初期に登場した女性キャラの一人。第21回天下一武道会に出場しています。戦闘スキルは高くないものの、お色気作戦を使って勝ち上がっていました。

純情なナムと対戦した時には、下着姿になって舞台裏に追い込んでいました(目をつむるという作戦をナムがとって、敗北)。

大会から5年後に結婚して主婦になったようです。夫の名前はトランクスというようです(ベジータの息子・トランクスとは無関係)。下着集めが趣味のランファンの息子ならではのネーミングだと思います。

管理人の一言
ランファンもまた、登場機会が少ないにも関わらずに人気の高いキャラクターです。フィギュア化もされているようですね。

 

セリパ

引用元:Twitter

アニメ「ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦」に登場した女性キャラです。サイヤ人初の女戦士で、悟空の父であるバーダックとチームを組んで戦闘していました。

ボブカットに切れ長の目。サイヤ人らしく好戦的ですが、戦闘ジャケットの下はレオタードを着ていて外見は女性的です。

名前の由来は、「パセリ」から。

管理人の一言
セリパは、女サイヤ人の中でも戦闘力の高いという設定のようです。戦闘力至上主義のバーダックと仲が良いのも納得です。

 

ザンギャ

引用元:Twitter

映画「ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴」に登場した女性キャラクターです。地球侵略をもくろむボージャックの手下の一人として登場しました。

戦闘力はかなり高く、クリリンを瞬殺。超サイヤ人になった悟飯も追い込むほどでした。その高い戦闘力から、「ドラゴンボールZ」放送時にファンの間からは女性キャラの中で最強キャラと言われていました。

名前の由来は、「残虐」から。その由来の通り、悪の限りを尽くしていました。

管理人の一言
ザンギャは、後の映画「復活のフュージョン!!悟空とベジータ」にもチラッと登場しています。何故かフリーザの配下としてボージャックと共に復活しています。

 

当時の戦闘力的には、「フリーザ<ザンギャ<ボージャック」のはずなんですが…汗。

 

西の界王神

引用元:Twitter

アニメ「ドラゴンボールZ」に登場した女性キャラクター。漫画版では名前のみの登場でした。

界王神の中で唯一の女性で、モヒカンの長髪が特徴的です。魔人ブウ(純粋)と戦うシーンがあり、その戦闘力は当時のフリーザよりも上だとされています。

女性キャラ一覧の中でも、最強説が流れるほど高い戦闘力ですね。超が始まるまえの最強議論では、18号、ザンギャと共に名前が挙がっていました。

管理人の一言
登場シーンが少なく、ゲームでは登場の機会がありませんでした。ですが、アーケードゲーム「ドラゴンボールヒーローズ」で久しぶりに登場しました。

 

六星龍

引用元:Twitter

「ドラゴンボールGT」に登場した女性キャラ。邪悪龍の一人です。乙姫のよう恰好をしていますね。

管理人の一言
女性キャラ一覧の記事をまとめるまで、忘れていたキャラクターです。一覧の中でも知名度の低いキャラといえるかもしれません。

 

カリフラ

引用元:Twitter

「ドラゴンボール超」の宇宙サバイバル編に登場した女性キャラ。第6宇宙のサイヤ人という設定でした。黒目にボサボサの髪というまさにサイヤ人といういでたちをしています。

好戦的で考えるよりも先に体が動くという性格もサイヤ人ならではですね。戦闘のセンスはかなり高く、キャベに教えられて数時間後には超サイヤ人に変身できていました。

名前の由来は、「カリフラワー」。

管理人の一言
原作で、悟天とトランクスが超サイヤ人になったことを知ったベジータは「超サイヤ人のバーゲンセール」だと言っていましたが、「ドラゴンボール超」でもバーゲンセールが拡大し続けています。

 

第6宇宙のキャベ、カリフラ、ケールは、それぞれ数時間のうちに超サイヤ人を習得しています。悟空とベジータがあれだけ苦労したのに…(笑)。

 

ケール

引用元:Twitter

「ドラゴンボール超」宇宙サバイバル編に登場した女性キャラ。カリフラやキャベと同じく、第6宇宙のサイヤ人です。戦闘の補強要員として、二人とともに力の大会に出場しました。

カリフラの妹分で、彼女を崇拝しています。カリフラとは違い、気弱で引っ込み思案な性格。サイヤ人には珍しく、好戦的な性格とはいえません。

そんなカリフラですが、力の大会で伝説の超サイヤ人に覚醒。カリフラの戦闘力を大きく上回りました。戦闘の中で成長していくという伝説の超サイヤ人ということで、劇中でも最強クラスの潜在能力をみせていました。

ブロリー以来の伝説の超サイヤ人の登場ということで、ファンの間で話題になりました。ちなみに、名前の由来はブロッコリーの原種の野菜「ケール」から。

管理人の一言
伝説の超サイヤ人に覚醒したケールは、ドラゴンボール作品に登場した女性キャラの中でも最強クラス。女性サイヤ人の中では間違いなくナンバーワンだと思います。

 

チライ

引用元:Twitter

映画「ドラゴンボール超 ブロリー」に登場した女性キャラ。本記事執筆時点で、女性キャラ一覧の中で最も新しい女性キャラです。

フリーザ軍に所属する戦闘員という設定です。フリーザ軍の特徴である戦闘ジャケットを身につけています。ですが、これまでの戦闘ジャケットとは異なる外見をしています。ライムグリーンの肌色と、白髪。顔つきは18号に似ています。

映画では、ストーリーの中心に関わる重要な存在として描かれています。そのためか、ファンの間でも人気が急上昇しています。

管理人の一言
チライがフリーザ軍に所属したのは比較的新しく、フリーザのことは噂でしか知らなかったようです。ちなみに、フリーザ軍で初めての女性キャラでもあります。

 

ユーリン

引用元:Twitter

「ドラゴンボール超」に登場した女性キャラ。かつては、天津飯と餃子とともに鶴仙人のもとで修業した仲間だという設定です。勝手に鶴仙流を抜けた天津飯を恨み、復讐を果たすために天津飯のもとに現れます。

サイドストーリーでのキャラということで、極端に登場回数は少ないものの人気はかなり高いです。可愛いランキングでも6位にランクインしています。

見た目も可愛いのですが、登場回で亀仙人にひたすらセクハラされるというかわいそうなシチュエーションも人気の後押しをしているのだと思います。

管理人の一言
ユーリン登場回は、「ドラゴンボール超」の中でも人気の高い回です。ユーリンが気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

【戦わない女性編】キャラ一覧

戦わない女性キャラ一覧
  • ブルマ
  • ブルマのママ
  • マーロン
  • 占いババ
  • スノ
  • ランチ
  • 人魚
  • イレーザ
  • タイツ
  • 天使クス
  • ブラ
  • ギネ

 

ブルマ

引用元:Twitter

ドラゴンボールのヒロイン。女性キャラ一覧の中でも最も知名度の高いキャラクターだといっても過言ではありません。

カプセルコーポの娘で、自身も相当な頭脳の持ち主です。ドラゴンボールを見つけることのできるドラゴンレーダーをはじめ、異星人・サイヤ人のスカウターを改造して地球人でも扱えるようにするなど頭の良さを発揮しています。

当初はヤムチャと交際していましたが、のちにベジータと結婚。トランクスとブラを出産しました。

管理人の一言
初登場時の年齢は、16歳。その後、シリーズを通して登場し続けています。

 

ブルマのママ

引用元:Twitter

ドラゴンボールのヒロイン・ブルマのママ。原作から登場し続ける女性キャラの一人です。ブリーフ博士の妻ですね。

トランクスやブラの祖母ということで高齢のはずですが、見た目は初登場から現在まで変わっていません。まさに美魔女。カプセルコーポの技術力で若さを維持しているのかもしれません。

管理人の一言
原作では名前は不明でしたが、鳥山明氏がインタビューにて「名前をつけるならパンチー」と語っています。下着が名前の由来になるというブルマ一族の系譜をきちんと継承した名前ですね。

 

マーロン

引用元:Twitter

18号とクリリンの間に生まれた女の子。赤いリボンで結んだツインテールが印象的です。「ドラゴンボール」や「ドラゴンボール超」では、幼い姿で登場していますが、「ドラゴンボールGT」では成長した少女の姿で再登場しました。

幼少時には、クリリンに似て鼻が描かれていませんでした。ですが、GTの成長した姿ではきちんと鼻が描かれています。清純派美少女といった様相で、ドラゴンボールの女性キャラクターの中でも珍しいタイプの美少女です。

管理人の一言
18号とクリリンの娘ではありますが、一切戦闘には関わりません。GTの成長時でも戦闘描写はありません。ただの可愛い女の子として登場していました。

 

占いババ

引用元:Twitter

原作漫画「ドラゴンボール」に登場した女性キャラ。砂漠のオアシスにある宮殿に住んでいます。魔女の恰好をしていて、浮く水晶の上に座って移動しています。

あの世とこの世をつなぐという不思議な力をもっています。この力を持っていることによって、現在でも度々登場しています。

亀仙人の姉で、その年齢は500歳を超えているんだとか。本記事で紹介する女性キャラ一覧の中でも最高齢クラスの女性キャラです(占いババよりも年齢の高い可能性のあるキャラはいます)。

管理人の一言
女性キャラ一覧をまとめるにあたって、占いババは中々思い出せませんでした。キャラの性質上、女性感がありませんでした。

 

スノ

引用元:Twitter

初期と魔人ブウ編のクライマックスに登場した女性キャラ。レッドリボン軍の支配下にあった雪国の村に住んでいました。凍死しそうになっていた悟空を救いました。

初登場時は小さな女の子の姿で、魔人ブウ編での再登場時は成長した大人の女性の姿で登場していましたね。

管理人の一言
「スノ」という名前は、初登場時には明かされていません。後にアニメで命名されて魔人ブウ編で漫画版でも「スノ」という記載が登場しました。

 

ランチ

引用元:Twitter

ドラゴンボールの初期に登場した女性キャラの一人。悟空とクリリンが亀仙人のもとで修業中に登場しました。

ランチは二重人格という性質を持つ珍しいキャラクターです。普段は黒髪でおっとりした性格ですが、クシャミをすると金髪になって乱暴な性格へと変貌します。

一目惚れした天津飯を追いかけて亀ハウスを去りました。以降、ランチが再登場する機会は現在までありません。一体どこに行ったのでしょうか…。

管理人の一言
人気の高い女性キャラの一人です。初登場時には、ヒロインであるブルマよりも人気が高かったんじゃないかと思うくらいです。

 

何度もフィギュア化されていることも、ランチの人気の高さを証明しているようです。

 

人魚

引用元:Twitter

ランチが登場したあたりで数コマのみ登場した女性キャラクター。亀仙人の修行の一環で、悟空が筋斗雲に乗せて連れてきました。

たった数コマの登場で名前もありませんが、いまだに人気の高いキャラです。当ブログの可愛いランキングでも上位にランクインしています。

管理人の一言
Twitterで「ドラゴンボール 人魚」と調べると、「一番可愛い女性キャラ」と支持する人が多くいます。

 

イレーザ

引用元:Twitter

魔人ブウ編で登場した女性キャラクター。オレンジハイスクールに通う学生です。悟飯やビーデルのクラスメイトの一人ですね。

悟飯に興味を持ち、親しげに話かけてきた女の子です。ショートカットで金髪のイマドキの女の子という印象です。

管理人の一言
イレーザの名前の由来は「消しゴム」。

 

タイツ

引用元:Twitter

ドラゴンボールの前日譚でもある「銀河パトロールジャコ」のヒロイン。ブルマの10歳以上歳の離れた姉です。金髪で黒目の女の子です。「ドラゴンボール超」でも再登場しました。

管理人の一言
趣味はSF小説を読むことと、オートバイと昼寝。サバサバした性格の女の子のようです。

 

天使クス

引用元:Twitter

「ドラゴンボール超」宇宙サバイバル編に登場した女性キャラクター。第10宇宙の天使を務めています。

髪型は三つ編みで紫色のローブを着用しています。背は低く、少女のような見た目をしています。性格も明るく元気が良くて少女っぽいです。

子供のような見た目をしていますが、ウイスを含む神官の中で一番年上です。500歳以上の占いババでは比較にならないほど年を重ねている存在のようです。

管理人の一言
破壊神よりも強い神官というポジションにいるクス。本記事で紹介している女性キャラ一覧の中でも最強の存在です。その強さは、悟空、ベジータ、ビルスよりも上だと推測されます。

 

ブラ

引用元:Twitter

ベジータとブラの娘。トランクスにとっては14歳年下の妹です。「ドラゴンボールGT」では大人っぽい見た目で登場しましたが、「ドラゴンボール超」では赤ちゃんの姿で登場しています。

また、漫画「ドラゴンボール」でも最終巻にチラッと登場しています。どの姿もブルマに似ています。

管理人の一言
登場作品によって見た目が大きく変わるキャラの一人です。人気が高いのは、GT登場時の大人っぽいブラだと思います。

 

ギネ

引用元:Amazon

「銀河パトロールジャコ」のおまけ漫画「ドラゴンボールゼロ」で初登場した女性キャラ。悟空の母親で、バーダックの奥さんです。

バーダックと出会ったころは戦闘員として動いていたようですが、登場時には戦闘員をやめています。サイヤ人にしては珍しく優しい性格を持っています。そのため、突然変異体だとされています。

管理人の一言
ギネは、映画「ドラゴンボール超 ブロリー」で初めてアニメに登場しました。主人公の母親という重要ポジションにはいますが、知名度は高いとはいえません。

 

そんなギネについては、以下の記事で詳しく解説しています。悟空がサイヤ人にして優しい性格を持つに至った経緯の考察をしています。

 

ドラゴンボール 孫悟空の母親・ギネ【突然変異のサイヤ人だった】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です