ドラゴンボールあらすじ【ナメック星・フリーザ編】

ドラゴンボールファンの間でも「一番面白い」と評判のナメック星・フリーザ編。そのあらすじをまとめてみました。

スポンサーリンク

ドラゴンボール ナメック星・フリーザ編【あらすじ】

引用元:amazon.co.jp

3行あらすじ
  • サイヤ人に殺された仲間を生き返らせるために、クリリン、悟飯がナメック星へ向かう
  • ナメック星で、三つ巴のドラゴンボール争奪戦
  • 合流した悟空が超サイヤ人に覚醒してフリーザを倒す

まずは、3行でざっくりとあらすじをまとめてみました。以下では、さらに詳しく物語の展開をまとめていきます

スポンサーリンク
 

サイヤ人来襲によって、仲間が死亡

悟空の兄・ラディッツが地球に来襲。悟空とピッコロが共闘して、どうにか倒すことに成功する。しかし、戦いの代償として悟空も死亡してしまう。ラディッツのスカウター通信で、ドラゴンボールの存在を知ったベジータとナッパ。

ドラゴンボールを求めて地球へと向かう。ラディッツ襲来から1年後、ベジータとナッパは地球に襲来。ピッコロたち地球の戦士は、ナッパとベジータに苦戦。その結果、ヤムチャ、餃子、天津飯、ピッコロが死亡。

生き返った悟空の活躍によって、どうにかナッパを撃破。ベジータを追い払うことに成功する。しかし、悟空は重傷。仲間たちは死んでしまった…。

あらすじ補足
仙豆が残っていたら、悟空はすぐにでも復活するはず。ですが、肝心な時に仙豆は残っていません。

 

サイヤ人に殺された仲間を生き返らせるため、ナメック星へ

ピッコロが死んだことによって、神様もドラゴンボールも消滅した。死んだ仲間を生き返らせることはできなくなってしまった。絶望の中、クリリンはある希望を口にする。

「ナメック星という惑星にドラゴンボールがあるらしい」

クリリンは、サイヤ人たちの会話から「ピッコロがナメック星人であったこと」「ナメック星にはドラゴンボールがあるかもしれないこと」という情報を知ったのだ。

クリリンと悟飯は、仲間を生き返らせるためにナメック星に向かうことを決心する。悟空は重傷で動けないため、クリリン、悟飯、ブルマの三人が宇宙船に乗ってナメック星へと飛び立つ。

あらすじ補足
地球とナメック星は距離がありすぎて、地球の技術では、ナメック星に行くことは難しかったようです。ですが、かつて神様が地球にやってきた宇宙船を改造することで、ナメック星に行けるようになりました。

 

ナメック星で、フリーザ軍に出会う

ナメック星に到着したクリリンたち。しかし、そこでサイヤ人と同じ戦闘服を来た集団を目にする。

ナメック星のドラゴンボールを狙っていたのは、クリリンたちだけではなかった。サイヤ人を支配・管理するフリーザもドラゴンボールを狙ってナメック星にやってきていたのだ。

フリーザの願いは、不老不死になること。フリーザの絶対的な力を感じて絶望するクリリンと悟飯。一度地球に帰ろうとするが、フリーザ軍の兵士に宇宙船が破壊されてしまう。

あらすじ補足
クリリンと悟飯は、フリーザをチラッと見ただけでその力の大きさを感じ取りました。

 

ベジータがフリーザに反逆

同じころ、地球での戦いの傷を癒したベジータもナメック星に到着していた。フリーザがドラゴンボールを狙っていることを知り、急いでナメック星にやってきたのだ。

ベジータもまた、ドラゴンボールの力で不老不死になろうとしていた。そして、フリーザに反逆を起こそうとしていたのだ。

ベジータ、フリーザ、そしてクリリンと悟飯。三つの勢力がドラゴンボールを求めていた。ナメック星で、ドラゴンボール争奪戦が始まろうとしていた。

あらすじ補足
ベジータは、キュイ、ドドリア、ザーボンを連続で撃破。死の縁から回復することでパワーアップするというサイヤ人の特性によって、どんどん力をつけていきました。

 

ギニュー特戦隊との戦い

三つ巴の攻防の中、フリーザは絶対的な力を持つギニュー特戦隊をナメック星に呼び寄せる。ギニュー特戦隊の力を知るベジータは、クリリンと悟飯に共闘を持ちかける。

ギニュー特戦隊との死闘の中、仙豆で回復した悟空がナメック星に到着。ギニューを撃破する。しかし、再び重傷を負ってしまう。

ベジータは、フリーザとの決戦に向けて悟空を回復させようとする。フリーザ軍の回復設備では、全快するまで少し時間がかかるようであった。

あらすじ補足
クリリン、悟飯、ベジータは、グルドを撃破。ですが、リクームによって、瀕死状態にまで追い込まれます。危機的状況に悟空が到着。ですがギニュー、のボディチェンジによって瀕死の重傷を負ってしまいます。

 

仙豆は、ベジータ、クリリン、悟飯に使用していたため、残っていませんでした。またしても、肝心なところで無くなる仙豆です。

 

ドラゴンボールでピッコロ復活

フリーザとの決戦を前に休息をとるベジータ。ベジータの目を盗んで、ドラゴンボールを盗み出すクリリンと悟飯。ナメック星の子供・デンデの力を借りて、ナメック星の神龍・ポルンガを呼び出す。

ポルンガは、三つの願いを叶えることができるという。一つ目の願いでピッコロを復活させる(地球の神・地球のドラゴンボールも復活)。二つ目の願いでピッコロをナメック星に転送。しかし、三つ目の願いの前にポルンガは消滅してしまう。ポルンガを作った最長老の寿命が尽きたのだ。

そこに、激怒したフリーザが現れる。悟空が全快する前にフリーザとの最終決戦が始まろうとしていた。

あらすじ補足
界王様のもとで修行をしていたピッコロ。ですが、とてもじゃないけどフリーザとの戦いにはついていけるほどの戦闘力はありませんでした。ですが、ナメック星到着後に戦士タイプのナメック星人・ネイルと同化。そのことで、パワーアップを果たします。

 

フリーザとの最終決戦

不老不死の願いを潰されたフリーザは激怒。ベジータはフリーザと互角に渡り合えるという自信を持つが、フリーザが第二形態に変身したことで戦況は悪化。

ピッコロが参戦し、フリーザ第二形態を圧倒するが、フリーザは第三形態に変化。ピッコロは重傷を負ってしまう。圧倒的な力を見せるフリーザは、さらに最終形態へと変身。

最終形態となったフリーザによって、デンデが殺され、ベジータも殺されてしまう。

そこに全快してパワーアップした悟空が到着する。悟空はフリーザと互角に渡り合う。特大の元気玉をフリーザに直撃させる。どうにか倒したかに思えたが、フリーザは生きていた。

激怒したフリーザは、クリリンを殺す。

あらすじ補足
「フリーザによってクリリンが殺される」ドラゴンボールの物語の中でも特に有名なシーンですよね。一番の親友だったクリリンが死んだことで、悟空はブチ切れます。

 

超サイヤ人に覚醒

クリリンの死をきっかけに、悟空は超サイヤ人に覚醒。フリーザとの戦いを優位に進める。追い込まれたフリーザは、ナメック星もろとも破壊しようとする。ナメック星は、あと数分で爆発してしまう…。

そんな中、界王の計らいで地球のドラゴンボールに「フリーザ一味に殺された者を生き返らせてほしい」という願いを叶えさせる。この願いによって、最長老が復活。

最長老が復活したことで、ポルンガも復活。最長老と同じように復活したデンデは、ポルンガに「フリーザと悟空以外をナメック星から地球へ転送してほしい」という三つ目の願いを叶えてもらう。(※界王の提案では悟空も地球へ転送させるつもりだったが、悟空がそれを拒否した。)

ポルンガの願いによって、ナメック星に残っているのは悟空とフリーザのみとなった。悟空は、フルパワーとなったフリーザを倒す。

あらすじ補足
悟空は最後にフリーザに気を分け与えて情けをかけますが、フリーザはその気を利用して悟空に不意うち。悟空は「バカヤロ───ッ」といいながらかめはめ波をぶっぱなしました。

 

悟飯には「少しでも理性が残っているうちに逃げろ」と言っていたのに、結構理性的ですよね。

 

行方不明になる悟空

悟空がフリーザを倒した直後、ナメック星は爆発。悟空の行方は分からなくなっていた。

ポルンガによって地球に帰還した悟飯たち。復活したドラゴンボールにより、サイヤ人やフリーザ一味に殺された人々を生き返らせる。その時に、悟空は生きていることを知る。

ナメック星が爆発する寸前に、宇宙船で逃げのびていたのだ。宇宙の果ての惑星で修行をしているという。悟空の無事を知った一同は安堵するのであった。

あらすじ補足
ドラゴンボールの力によって、ベジータも復活。そして地球へと転送されることになります。住む場所の無いベジータは、そのままブルマの家に居候することとなります。

スポンサーリンク

【ネットの感想】フリーザ編が一番面白い

Twitterでのナメック星・フリーザ編の感想には、「一番面白い」「悟空が一番かっこいい」など高評価の声が多くありました。

個人的にも、これらの意見に同意です。人造人間編も魔人ブウ編も面白いですが、やはりフリーザ編が一番面白い。ドラゴンボール争奪戦などの緊張感のある展開や、元気玉を受けてもフリーザが生きていた時の絶望感…。手に汗を握る展開の連続でした。

フリーザ編以降は、悟空、ベジータ、トランクス、悟飯などサイヤ人の戦闘がメインとなっていきます。どんどんインフレしていくのも楽しいんですが、クリリンたち地球人の活躍の場が無くなっていくのはさみしくもありました。

クリリンが大活躍するのは、フリーザ編まで。全員が死力を尽くして強敵に挑んでいく展開は、ものすごく燃えました。

そんなフリーザ編ですが、実は作者の鳥山明氏はフリーザ編でドラゴンボールを終わらせようとしていたらしいんです。ジャンプに掲載された三百十六話「宇宙の恨み、フリーザを貫く!!」の次回予告は、「永遠へ…」と最終回を示唆するタイトルだったそうです。

たしかに、フリーザ編で完結していてもおかしくない内容でした。悟空たちサイヤ人を滅ぼした巨悪・フリーザを、サイヤ人である悟空が倒す…。伏線も綺麗に回収していますよね。

ドラゴンボールの最終回については、以下の記事でまとめています。鳥山氏がフリーザ編で連載終了できなかった理由についても紹介しています。

ドラゴンボール 原作の最終回考察【あらすじ&感想】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です