名探偵コナン 佐藤刑事の声優は湯屋敦子

『名探偵コナン』の警視庁捜査一課のマドンナ。高木渉刑事とは恋仲である佐藤美和子刑事。話が進むにつれて高木刑事とどんどんしてなっていく彼女ですが、捜査一課の他の面々からは、高木刑事と佐藤刑事が付き合うのは、許されない展開になっています。

そんな勝ち気で正義感が強い、佐藤刑事を演じているのは、湯屋敦子さんです。洋画の吹き替えでアンジェリーナ・ジョリーの大半をメインとして活躍が主ですが、アニメでも佐藤刑事をはじめとした様々なキャラクターを演じられています。

ここでは、湯屋さんのプロフィールを紐解いていき、彼女が出演している作品の見どころをご紹介しましょう。

スポンサーリンク

名探偵コナン 佐藤刑事の声優は湯屋敦子

■名前
湯屋 敦子(ゆや あつこ)

■生年月日
1968年9月1日

■出身
長崎県

■血液型
B型

■事務所
劇団昴

■主な作品
「吹き替え(アンジェリーナ・ジョリー)」
「吹き替え(ダイアン・クルーガー)」
「吹き替え(ナターシャ・ヘンストリッジ)」
「フランケンウィニー(スーザン・フランケンシュタイン)」
「B’T-X(アラミス)」

長崎県出身の湯屋敦子さんは、短期大学卒業後女優を志し、文学座の養成所に入所。その後劇団昴の専攻科を経て1993年舞台女優としてデビュー。主に劇団昴が上演する舞台に出演する傍ら、声優業として活動をしております。

洋画吹き替えの仕事がメインで、特にアンジェリーナ・ジョリーは湯屋さん専属で声を当てられています。またアンジェリーナ以外にも、ダイアン・クルーガー、ナターシャ・ヘンストリッジといったハリウッド女優の声も担当。それ以外の洋画の吹き替えで数多くの女優の声を担当しています。

 

デビュー作は?

声優としては1993年に映画『ラピッド・ファイアー』でデビュー。1996年テレビ東京系列で放送された『赤ちゃんと僕』でアニメとしての声優デビューをします。名探偵コナンは佐藤刑事を演じる前に、端役として出演されていました。現在は、洋画の吹き替えがメインとなり、アニメは佐藤刑事を初めとした端役が多いです。

 

代表作は?

湯屋さん本人曰く専属声優でもある、アンジェリーナ・ジョリーはお気に入りの役であるという事です。湯屋さんの公式ホームページによると特に『トゥーム・レイダーシリーズ』と『17歳のカルテ』で演じるアンジェリーナが好きだとか。トゥーム・レイダーはゲームからの原作なので、日本の皆様もご存知あるかもしれません。

 

プリキュアシリーズでお母さん役、プライベートでもお母さん

湯屋さんはプライベートでは結婚しており、1児の女の子を持つ母でもあります。出産後湯屋さんは、テレビ朝日系列で放送されている『プリキュアシリーズ』で主人公達のお母さん役を2回演じました。

1回目は『ハートキャッチプリキュア!』でキュアサンシャインこと明堂院いつきのお母さん、明堂院つばき役として出演。2回目は『ドキドキ!プリキュア』でキュアダイヤモンドこと菱川六花のお母さん、菱川亮子役として出演されました。

役柄として、お母さんの気持ちになってプリキュアに変身する女の子の見守って演じていたのでしょう。今後も子育ての経験が、これからの役作りに影響を与える事でしょう。

 

印象に残った作品タイトル

バイオハザードシリーズ(ジル・バレンタイン)
日本のゲームメーカーカプコンが生んだホラーゲームの映画版。湯屋さんはその主人公ジル・バレンタイン(シエンナ・ギロリー)を演じています。迫りくる怪物に勇敢にピストルを撃つジルの姿に憧れた『バイオハザード』ファンは多々いるのではないでしょうか?是非ホラー映画ファンの方は、ご覧になってください。
パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(アナマリア)
ディズニー映画、『パイレーツ・オブ・カリビアン』の第1作、呪われた海賊たちで、ジャック・スパロウ率いる海賊団の女海賊、アナマリア(ゾーイ・サルダナ)役で吹き替えを担当しています。アナマリアは本作だけの出演ですが、男勝りな性格はまさに佐藤刑事と風貌が似ているという感があります。
X-ファイル:真実を求めて(ダコタ・ホイットニー)
日本でも人気のアメリカのSFドラマシリーズ『X-ファイル』。2018年現在でも11シリーズ目が製作されており、湯屋さんは2008年11月に劇場公開された『X-ファイル:真実を求めて』で、湯屋さんはダコタ・ホイットニー捜査官(アマンダ・ピート)役として出演されています。

XファイルはアメリカのSFドラマでも人気の高いドラマであり、日本でも『真実を求めて』は、劇場版第2作目の作品です。また、日本でも洋画ドラマ専門チャンネルでも放送されていますので、是非ご覧ください。

精霊流し〜あなたを忘れない〜(ことば指導)
出演作品ではありませんが、2002年11月から12月までNHKで放送された『精霊流し〜あなたを忘れない〜』では、湯屋さんは出演者の方に長崎弁を教えることば指導の先生として本作に関わっていました。

原作が、歌手のさだまさしさんが書いた『精霊流し』を原作としています。また佐田さん自身も長崎県出身という事で同じ長崎出身である湯屋さんに、方言の先生としてオファーが来たのでしょう。地方出身の俳優さんはこのような方言の指導もするので、俳優として演じるだけでなくこういったなまりを大切にする方言も必要不可欠かもしれません。

スポンサーリンク

佐藤刑事声優の評価は?【ネットの感想まとめ】

〇〇と同じ声優さんだったとは

湯屋さんは、アンジェリーナ・ジョリー以外にも数多くのハリウッド女優の声を当てられています。また、湯屋さんは洋画での吹き替えが声優業としてメインであるため、このような発言が出たのでしょう。佐藤刑事としてのイメージが強い方は、吹き替えの方の湯屋さんの演技にも注目してほしいです。

 

海外ドラマでよく聞く声

こちらの方も、湯屋さんは佐藤刑事と海外ドラマの吹き替えでのイメージが強いという呟きを発しています。前途で書いた湯屋さんは海外ドラマの吹き替えの出演がアニメより多い声優の方です。海外ドラマファンの方は今後も湯屋さんの活躍に期待してほしいところです。

 

アンジョリーナジョリーと同じ声優

アンジェリーナ・ジョリー以外にも湯屋さんは、ダイアン・クルーガー、ナターシャ・ヘンストリッジといったハリウッド俳優の吹き替えを担当。これも、アンジェリーナ・ジョリー=湯屋さんというイメージがついている呟きになったのかもしれません。

湯屋さんは、本当に数多くの洋画や海外ドラマの吹き替えを担当していますので、是非出演作品を探してみてみるというのはいかがでしょう。

アニメでは名探偵コナンの佐藤刑事を初め、端役としての出演が多い湯屋さん。しかし、洋画や海外ドラマの吹き替えでは、アンジェリーナ・ジョリーをはじめ数多くのハリウッド女優を演じていらっしゃいます。

今後も佐藤刑事だけでなく、洋画・海外ドラマの吹き替え。そして所属している劇団昴の舞台にも出演する予定ですので、湯屋敦子さんの今後の活躍に期待しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です