名探偵コナン 高木刑事の声優は高木渉

『名探偵コナン』の警視庁捜査一課の刑事であり、佐藤美和子刑事とは恋仲でもある高木渉刑事。高木刑事を演じているのは声優の高木渉さんです。

高木さんは高木刑事を演じているとともに、少年探偵団の切り込み隊長小嶋元太役も演じられています。最近は声優だけでなく、ドラマや舞台に大活躍の高木さん。これまでの活躍を紹介してまいります。

スポンサーリンク

名探偵コナン 高木刑事の声優は高木渉

■名前
高木 渉(たかぎ わたる)

■生年月日
1966年7月25日

■出身
千葉県君津市

■血液型
A型

■事務所
アーツビジョン

■主な作品
「緊急発進セイバーキッズ(天神林 ケン)」
「機動新世紀ガンダムX(ガロード・ラン)」
「忍たま乱太郎(平滝夜叉丸)」
「GTO(鬼塚英吉)」
「真田丸(小山田茂誠)」

1987年に声優としてデビューした高木さんは、アニメ吹き替え問わず様々な主役や端役として出演。

また、『劇団あかぺら倶楽部』を旗揚げし、自ら代表を務めて様々な作品に出演されています。そんな時、2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』で小山田茂誠役としてドラマ初出演されたのは、記憶に新しいのではないでしょうか。

三谷幸喜さん脚本の大河ドラマで、アンパンマンの声優を務めている女優の戸田恵子さんも、三谷さんからのオファーで映画出演。以後様々なドラマに出演されています。こういった経緯もあり高木さんは「第2の戸田恵子」とまでネット記事で評されるほどです。

現在でもNHKの連続テレビ小説をはじめ、数多くのドラマ作品に出演されている高木さん。今後の活躍も期待しましょう。

 

高木刑事と同姓同名

初めは小嶋元太役として出演されていた高木さん。その後アニメが進展するにつれて、キャラクターが増えていき、事件の状況説明としての役として、高木刑事が登場したのです。

しかしそのころは名前が何も無かったのですが、目暮警部役の茶風林さんが『君は誰だね?』と答えたところ、高木さんがアドリブで思わず『高木です。』と答えてしまい、それ以降高木という名前が定着してしまったようです。

また、アニメから原作に逆輸入されてしまったので、高木さんのアドリブが無ければ高木刑事は誕生していなかったかもしれません。

 

元太の声優と同じ!

高木さんは少年探偵団の切り込み隊長、小島元太役としても出演されています。少年探偵団として結成をし始めたのは、アニメ第4話である『大都会暗号マップ事件』から。

自ら団長としてリーダーをとる元太なのですが、今は実質コナンと灰原がリーダー役を務めております。また、高木さんは元太や高木刑事以外にも数多く端役で名探偵コナンに参加されており、初期の『Next Conan’s Hint』のコールも担当していました。

 

デビュー作は?

1987年コナン役の高山みなみさんが初主役を担当した『ミスター味っ子』が高木さんのデビュー作です。その後、1990年には『キャッ党忍伝てやんでえ』で主人公たちをサポートするゴットン役として出演。

1991年には『緊急発進セイバーキッズ』で天神林リン役としてレギュラー出演するなど、数多くの作品に端役主役問わず出演なさっております。

 

代表作は?

私が高木さんを意識したのは、コナンの元太、高木刑事の他に『GTO』の鬼塚英吉役が代表作と呼べるかもしれません。

当時『GTO』は反町隆史さんと松嶋菜々子さんが主演を演じた学園ドラマで、高木さんはアニメ版の鬼塚先生役として出演されています。アニメでは原作通りに進行していくGTO。熱血教師で独自の理論で生徒たちの悩みや問題を体当たりで解決する鬼塚先生は、まさに高木さんにぴったりな役柄だったと思います。

 

真田丸の出演はNHKの人形劇がきっかけ

大河ドラマ『真田丸』でドラマデビューをした高木さん。実は真田丸出演のきっかけは自身が出演されていたNHKの人形劇『シャーロックホームズ』なのだそうです。

そのシャーロックホームズが大河ドラマのプロデューサーで、尚且つ脚本を担当していたのは三谷幸喜さんだった事もあり、直々のオファーでドラマ出演が決定したのだそうです。こういうのは運命のめぐり合わせというか、不思議な縁ですよね。

 

印象に残った作品タイトル

『Yes!プリキュア5シリーズ』(ブンビー)
プリキュアシリーズの第4作目、5作目にあたる『Yes!プリキュア5』。高木さんはその中で、主人公に立ちはだかる敵役ブンビー役として出演されておりました。

このブンビーは高木さんの熱演、アドリブが製作スタッフに好評だったこともあり、続役。最終回は足を洗って、人間として暮らすことにしたようです。また、プリキュアシリーズでは多くの階にゲスト出演されており、プリキュアシリーズになくては欠かせない敵役になりました。

『ビーストウォーズ』(チータス)
タカラトミーが展開するトランスフォーマーシリーズのCGアニメ版であり、高木さんはチーターをモデルにしたサイバトロン戦士チータス役として出演されていました。

このアニメはカナダのメインフレーム社が製作をしたアニメであり、日本語吹き替えとしては、音響監督の岩波美和さんの提案により、アドリブが多く出るギャグ作品となってしまいました。高木さんだけでなく、工藤新一、怪盗キッド役の山口勝平さんもラットル役として出演されていますので、アドリブだらけで笑いたい作品を望みたいのであれば、是非ご覧になってはいかがでしょう。

スポンサーリンク

高木刑事声優の評価は?【ネットの感想まとめ】

元太と声一緒だったのか…!

一人二役を演じているのは、アニメ作品では数多くある事。名探偵コナンでも例外ではありません。例えば、高山みなみさんも江戸川コナン役をしながら、あるいはTWO-MIXの高山みなみ本人の役をやる事もあれば、円谷光彦役の大谷育江さんも光彦役をやりながら、姉の円谷朝美役も演じるという事をしています。

アニメでこういった1人2役をやった作品は多数ありますので、好きな声優さんが2役やっている作品を探してみてはいかがでしょうか。

 

演技が上手い

もともと、舞台俳優を目指していた高木さんは、声優としてでなくドラマ、舞台俳優としての演技力が高めです。声優の方は声だけでなく、舞台やドラマなどを経験して声優活動しているという人が多いです。

声優は俳優の一種に過ぎないので、高木さんだけでなく、他の声優の方の舞台も拝見して、『声優だけじゃないんだぞ。』というところを見てほしいですね。

 

朝ドラに出てる!大河ドラマも!!

現在高木さんは、声優業のほか、NHKの連続テレビ小説にもレギュラー出演されている事があります。真田丸以外でも数多くのドラマに出演されている高木さん。ぜひ出演なさっているDVDを拝聴し、高木刑事や元太以外の魅力を見つけてはいかがでしょう。

NHKの大河ドラマ出演がきっかけで、ドラマでも活躍の場が広がった高木渉さん。また、コナンで高木渉刑事の名づけ親として原作でも逆輸入した功績は、これからもコナンファンの間で語り継ぐ事でしょう。高木刑事や元太の活躍だけでなく、一人の俳優としてこれからも高木さんを応援していきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です