名探偵コナン 登場人物の年齢&誕生日まとめ

スポンサーリンク

名探偵コナン 登場人物の年齢&誕生日まとめ

青山剛昌先生原作のミステリー漫画で、メディアミックスも盛んに行っている『名探偵コナン』。名探偵コナンには、主人公の江戸川コナンを始め、魅力あるキャラクターが登場します。

ここでは主人公の江戸川コナンを主軸としたキャラクターを紹介していきます。ただ年齢や誕生日は、コナン君や蘭さんのお母さんである妃英理さんだけしか、まとめられてはいません。漫画やアニメの世界であるという事を頭に入れて、誕生日や年齢を想像してみるのも面白いかもしれませんよ。

 

主要登場人物

江戸川コナン

■年齢(コナンとして)
6~7歳

■誕生日
5月4日

■CV
高山みなみさん

■概要
物語の主人公。高校生探偵・工藤新一が黒の組織に飲まされた毒薬『APTX4869(アポトキシン4869)』の作用によって、身体が小学1年生ぐらいに小さくなった姿です。現在は、帝丹小学校1年B組に所属。名前の由来は、『江戸川乱歩』と『アーサー・コナン・ドイル』を拝借したもの。小さくなってしまった直後、蘭に名前を聞かれてとっさに考え出したものです。

小さくなってしまった分、身体能力が劣ってしまい、さらに声も子供のころに戻ってしまったので、阿笠博士が発明した『キック力増強シューズ』と『どこでもボール射出ベルト』の力で犯人退治をし、『腕時計型麻酔銃』と『蝶ネクタイ型変声機』を使って、毛利小五郎を眠らせて代わりに事件を解いています。

決して涙は見せず、犯人への対応も同情したり共感したりはしない妥協を許さない性格。一言で言ってしまえば、頑固であり江戸っ子気質があると言えばいいのでしょうか。時たま『バーロー!』という場面もありますので、その部分が強調されています。

現在は、蘭の父親、小五郎が運営する『毛利探偵事務所』で阿笠博士の遠い親戚として居候中。『黒の組織』の行方や、推理がへっぽこな小五郎の手助けをしています。犯人と1対1となった場合や、怪盗キッドとの決闘になった場合は、道具を使わずに自分自身で推理を解き明かしています。

サッカーが特技で、犯人逮捕にもその能力が生かされているコナン君。頭脳は新一のままであるので、少年探偵団へのアドバイスもお手の物。サッカーが大好きである事は、アニメや映画のシーンでも多く登場しています。

ただ、テレビゲームは苦手なようです。また着ぐるみのコナン君は、毎年春に公開される映画の宣伝に登場したり、サッカーの試合に応援団として登場しています。そして化学系イベントやトラベルミステリーイベントでも、イメージキャラクターとして採用され、大人や子供になじみ深い、少年探偵といった感じでしょうか。

スポンサーリンク

工藤新一

■年齢
17歳

■誕生日
5月4日

■CV
山口勝平さん

■特徴
江戸川コナンの真の姿で、『日本警察の救世主』『東の名探偵』と称される高校生探偵。数々の難事件を解決しました。父親は元私立探偵であり世界的に有名な推理小説家の工藤優作。母親は若干20歳で引退した伝説の女優、工藤有希子。推理力と洞察力、そし行動力と決断力はこの2人から、譲られたと言えるでしょう。

幼なじみの毛利蘭とは、相思相愛の関係。いつか元の身体に戻ったら、すべての事を打ち明けたいとコナンになってから以降日々そう思っているようです。

ちなみに、サッカーは中学生のころからやっており、漫画第1話で蘭から、『サッカー部を辞めていなければ、今頃は国立のヒーローになっていたかも。』と言われていたそうです。ただ、サッカーは探偵としての体力をつけるためにやっていたと本人談だそうです。

風邪を引いた状態でパイカルというお酒を飲んだり、灰原が発明した解毒剤を飲むと、一時的に新一の姿に戻る事が出来ますが、身体への負担も大きく、コナンに戻る時は、ものすごい動機、後退化への負担が大きいので、命がけと言えるほど。そのため、海外に行くときだけしか、元の姿に戻らないようです。(江戸川コナンだと戸籍謄本が無いため。)
ちなみに好きな食べ物は、レモンパイです。

コナンと同一人物である工藤新一君は、5月4日生まれ。誕生日を祝うときも、コナンと一緒に描かれたイラストを投稿したり、連名で誕生日を祝う事があります。

物語で新一として登場する場合が少なく、シルエットや新一だった頃のエピソードで話に関わっていきます。新一の時はファンレターとラブレターが下駄箱に一杯の量をもらっているくらいだそう。なおコナンになっているため、高校は『大きな事件に巻き込まれてしばらく休まないと解決できない。』という理由で休学中だそうです。

黒の組織の存在に大きな展開を迎えた名探偵コナン。工藤新一に戻れるのもそう遠くないかもしれませんね。

 

毛利蘭

■年齢
17歳(新一と同い年?)

■CV
山崎和佳奈さん

■特徴
名探偵コナンのヒロインで、新一の幼なじみ。空手部の女主将でもあり、都大会優勝経験を持っている文武両道の高校生です。新一とは相思相愛の仲。突然いなくなってしまった彼の帰りを待つ一方、居候であるコナンのお姉さん的役割を果たしています。

ただ、コナンが新一であることが何度かバレそうになったことがあり、新一の母、有希子や阿笠博士がごまかして何度も勘違いしていたとコナンに謝る場面がありますが、うすうすコナン=新一である事は気づいているかもしれません。

父親は私立探偵の小五郎、母親は弁護士の妃英理。別居中であり両親の仲を取り戻そうとしてはいますが、父親の女好きのせいで、いつも失敗しています。また、犯人に襲われた時は、特技の空手で犯人を倒す事や、料理の腕前もピカイチ。まさに才色兼備という言葉がお似合いですね。

ヒロインという立場上、誕生日が不明であるという事が少し残念です。しかし、こういった頼もしいお姉さん的存在は、子供だけでなく大人のファンからも人気が出ています。

空手が得意という事で、漫画やアニメでその技を披露していますが、空手大会で道着を着用している姿が少ないです。今後のアニメや漫画でこういったエピソードが作られると良いですね。また、蘭さんはくじ運がとても強く、麻雀やポーカーでは無類の強さを誇っています。

 

毛利小五郎

■年齢
38歳

■CV
神谷明さん→小山力也さん

■特徴
毛利蘭の父親で、私立探偵。『毛利探偵事務所』を経営しています。

元警視庁捜査一課強行係の刑事であり、目暮警部とは上司と部下の関係でした。『事件に巻き込まれてはいけない。』と子供であるコナンをげんこつやグリグリ攻撃で追い出すなどしてはいるものの、頭の回転が鈍くまともな推理は、身内や知り合いが犯人である以外は、トンチンカンな推理を出しています。

コナンが腕時計型麻酔銃で眠らせて蝶ネクタイ型変声機で推理を進めて、見事解決し『眠りの小五郎』とまで呼ばれるようになりましたが、コナンが代わりに事件を解いているので、本人は全く覚えていないとのことです。

ちなみに嗜好は、お酒、タバコ、ギャンブルというダメ親父の典型であり、美女にも弱く特に、アイドルの沖野ヨーコの大ファンだそうです。柔道や射撃の腕前は高く、柔道に関しては『米花の三四郎』と言われるくらいの腕前だったそうです。

いわゆる三枚目のキャラクター。見せるときには見せ、笑わすところは笑わすという典型的なキャラクターでしょう。実はどうも自分は小五郎さんが苦手意識を持っていて、アニメや漫画を見ていていつもコナン君を殴るイメージしかない、ダメな探偵しか思っていません。

今でもそのイメージがつきまとってしまい、カッコいい毛利小五郎の姿を想像すら出来ないでいます。それにしても、年齢が38歳という事は、21歳の時に蘭さんをもうけたという事になりますね。ちなみにドラマ版では陣内孝則さんが担当。2枚目から3枚目を演じる陣内さんにとって、小五郎さんは適役でした。

スポンサーリンク

コナンの協力者

阿笠博士

■年齢
52歳

■CV
緒方賢一さん

■特徴
新一の家の隣に済んでいる発明家。本名はひろしと呼ぶのですが、漢字や発明家である事から、はかせと呼ばれることが多いです。

コナン君が新一である事を最初に知った人物であり、黒の組織から命を狙われるかもしれないと助言したのも彼です。身体が幼児化してしまったコナン君に、様々な発明品を作ってあげ、サポートをしています。特に最初に渡された『蝶ネクタイ型変声機』は、眠りの小五郎が誕生するきっかけにもなったアイテムで、様々な発明品でコナンくんの探偵活動に大きく貢献してくれています。

また、少年探偵団の引率役も務めており、元太、光彦、歩美ちゃんの3人からは実の祖父同然に慕われている様子です。また、灰原と共に暮らすようになってからは、健康面を気遣われるようになってしまい、ヘルシーな食生活を余儀なくされているようです。

彼がいなかったら、本当にコナン君が活躍できなかったかもしれませんね。まさに命の恩人です。コナン君が使う博士の発明品は、実用性があって私も使いたいと思うものばかり。

特に、蝶ネクタイ型変声機は、他にもバージョンがあるし、しかも色々な声が出せるというもの。本当に出たらいいなと思っています。コナン君に限らず、蘭さんや少年探偵団のみんなから慕われるというのが、博士の魅力なのかもしれませんね。

 

灰原哀

■年齢
コナンくんと同じ学校、クラスに通っているので見た目は6歳から7歳くらい。元の姿だと18歳ぐらい?

■CV
林原めぐみさん

■特徴
阿笠博士の家に居候しているコナン君達の同級生。しかし、彼女は黒の組織の元一員であり、コードネームは『シェリー』。本名は宮野志保。

優秀な頭脳の持ち主で組織からも高く評価して、コナンを小さくした『APTX4869』の開発に関わっていました。

しかし、組織の一員であった姉の宮野明美が組織の手によって射殺。組織を抜けるのを決意し、コナンと同じAPTX4869を飲み幼児化。工藤家で行き倒れになっている所を、阿笠博士に拾われて九死に一生を得ます。現在は、黒の組織との恐怖に戦いながらも、APTX4869の解毒剤を研究しており、また、阿笠博士の健康管理もしているようです。

ツンデレの魅力がある灰原さんは、無理やり少年探偵団に入らされましたが、その影響からか表情が豊かになってきました。

頭脳明晰でコナン君の代わりに、たびたび推理も披露する事もあります。怪盗キッドとの闘いでコナン君が気絶してしまったときに、少年探偵団のサブリーダーを務めたほど。ただし、コナン君と灰原さんは少年探偵団に無理やり加入させられた形ですが。ちなみにコナン君との関係は、恋愛関係なのか、小さくなってしまったもの同士なのか、分からないですが、共に行動するという事が多いです。

 

服部平次

■年齢
17歳

■誕生日
設定は不明です。(ファンの間では、8月10日を誕生日とする声があります。)

■CV
堀川りょうさん

■特徴
関西地方で活動する高校生探偵。コナン君が新一である事を知っている一人で良き理解者でもあります。父親は、大阪府警本部長の服部平蔵、母は服部静華。ちなみに色黒なのは、おじいちゃん譲りらしいそうです。

大阪弁を話す関西人であり、コナン君以上に強い正義感を持っています。コナン君達と初めて会ったときは、推理対決で敗北を認め、その後の事件では、自力でコナン君=新一である事を突き止め、以降コナン君の親友もしくは悪友とも呼べる関係になっています。

特技として剣道部に所属。アニメや映画でもその腕前を披露しており、相当な手練りをしているそうです。他にも自動2輪免許を取得しており、コナン君や同級生の遠山和葉さんを乗せる事が多いです。推理力はコナン君と同等ぐらいです。

大阪をこよなく愛し、またアニメや映画、漫画でも読者や視聴者の事を忘れない人情熱い平次君。幼なじみで親友の同級生、遠山和葉さんとは初恋相手でもあります。

平次君と和葉さんの関係は、新一君と蘭さんとよく似ていますが、恋愛感情が理解できない部分が続き、ようやく感心して動くようになりました。名探偵コナンの世界は、サザエさん方式で年齢はとらないものの、こういった心の成長が取れるようになっているのですね。

 

工藤優作

■年齢
設定は不明です。

■CV
田中秀幸さん

■特徴
新一の父親で、以前は私立探偵として活躍していました。その後推理小説家に転向し、『闇の男爵(ナイトバロン)』シリーズで世界的なヒット作を数多く生み出す事になりました。

執筆ジャンルは幅広く、劇場版名探偵コナンでもゲームのシナリオを書き、また映画のシナリオを描いて賞を賞を受賞するなど多忙な活躍をしています。私立探偵として活躍していたので、新一君以上の推理オタクでもあり、またいたずら好きで夫人で母親の有希子さんと一緒にいたずらを仕掛ける事もしばしば。

ちなみに、黒の組織の『あの方』が誰なのかという事を、コナン君に伝えたのも優作さん自身であり、今後は日本に拠点を移し、有希子さんと一緒に黒の組織撲滅のために活動する事になったようです。

多方面に活躍しながら、茶目っ気たっぷりな優作さん。そのいたずらに息子の新一君=コナン君もたじたじしてしまうくらいだそうです。ちなみに優作さんと有希子さんはアメリカに住んでいて、コナン君が小さくなってしまったのは、阿笠博士から事情を知ったのだそうです。

 

工藤有希子

■年齢
37歳

■CV
島本須美さん

■特徴
新一の母親で、元女優。旧姓は藤峰であり、高校在学中にその美貌と演技力で女優デビューを果たし、日本中どころか世界的にも名が知られるようになります。

卒業後19歳にて大女優として数々の賞を総なめに受賞する等伝説を残し、若手有望の小説家だった優作と結婚し引退。灰原さん曰く「コナンくんの演技力と目立ちたがり屋なのは彼女譲り」であると述べています。ただ、女優業は引退しても、時折メディアに姿を見せたりするなど、コメンテーターとしては活躍している様子です。

ちなみに、別の人物に変装させる技術を取得しており、後途する赤井秀一にも伝授する程らしいです。

有希子さんは美しい美貌を持ち、なおかつ一人息子の新一君(コナン君)を溺愛するほど。それだけではなく、女優で培った演技力と変装させる技術が、秀一だけでなくコナン君や平次君にも活かされるというのが、何よりの彼女のスキルなのかもしれませんね。

 

赤井秀一

■年齢
31歳か32歳

■CV
池田秀一さん

■特徴
黒の組織を追ってきた、FBIの捜査官。新一=コナンだという事を知っている人物の一人。コナン君に頼まれて、沖矢昴(CV:置鮎龍太郎さん)として、普段は工藤家に居候しています。

どうしてこういう経緯になったのかというと、『赤と黒のクラッシュ』といエピソードで、初めてコナン君と共同戦線を張り、CIA諜報員である水無怜奈(本堂瑛海)を黒の組織へ再潜入させることに成功したのですが、黒の組織の『あの方』の命令を受けた怜奈によって、肺と頭を銃で撃ち抜かれ、証拠隠滅のために愛車ごと爆破され、死亡されたと思われたのです。

しかしこれはコナン君が発案による偽装工作であり、コナンの母、有希子さんの力も借りて、沖矢昴という架空の人物になりすましていて、単独行動を取っていました。コナン君自身も沖矢自身に逢った時から、彼が悪い人ではないと言っていました。

実は、赤井秀一が生きていたというエピソードが描かれるまでは、死んだと思われたエピソードから約5年以上もかかっております。その間に名探偵コナンには、様々なキャラクターが登場したりもしたので、どこで赤井秀一=沖矢昴を登場させるのか、青山先生やアシスタントの方たちも悩まれたのではないでしょうか。

 

帝丹小学校

吉田歩美

■年齢
6~7歳

■CV
岩井由希子さん

■特徴
帝丹小学校に通うコナン君のクラスメイト。灰原さんが転校してくるまでは少年探偵団の紅一点でした。コナン君に片思いはしているものの、好きな人がいるのではと悩んでしまっている部分もしばしあります。両親と共に高層マンションに住んでいます。

初期のころは、コナン君にアプローチをかけたりするなど、光彦君や元太君にやきもちを焼かせてしまう場面も多いようですが、灰原さんが登場して以降、どちらかというと灰原さんへの友情物語が多々出てくるようになりました。

 

円谷光彦

■年齢
6~7歳

■CV
大谷育江さん(大谷さんが体調不良で休業なさっていた時は、代役で折笠愛さんが演じました。)

■特徴
帝丹小学校に通うコナン君のクラスメイトで、コナン君と灰原さんがいない代わりには、少年探偵団の頭脳的指令官を果たしています。丁寧語を使い、礼儀作法に重んじています。

ちなみに少年探偵団のモチーフは、ドラえもんやおばけのQ太郎といった藤子・F・不二雄先生をオマージュしたもの。光彦君はスネ夫みたいに嫌味な性格にしようと青山先生は語っていたのですが、大谷さんが演じる声が可愛かったから性格が変更されたみたいです。

 

小嶋元太

■年齢
6~7歳

■CV
高木渉さん

■特徴
帝丹小学校に通うコナン君のクラスメイトで、少年探偵団の切り込み隊長。左側頭部に10円ハゲがあるのが特徴。うな重が大好物で、作中でもよくその話題を口にしています。それが原因で『うなぎ強盗団』に誘拐された事も。両親は酒屋を経営しており、母親似。

少年探偵団のムードメーカー的存在です。演じていらっしゃる高木渉さんの熱演もあるのかもしれませんが、笑わせるところは笑わせて、泣かせるところ泣かせるガキ大将的な感じですね。ちなみにアニメ第1話から途中までの次回予告で『Next Conan’s Hint』とコールしていたのは、高木さんです。

 

小林澄子

■年齢
26歳

■CV
加藤有生子さん

■特徴
帝丹小学校1年B組の担任。就任当初は前の学校の失敗により生徒に厳しい面持ちで接していたものの、本当は子供好きの優しい教師で、素に戻った現在は生徒たちに慕われています。

少年探偵団の自称顧問。眼鏡を外すと、佐藤美和子刑事にそっくりになり、白鳥警部が間違えるほど。実は彼女は、白鳥警部の初恋の人であり、警察官になるきっかけになった人物でもあります。ある事件をきっかけに、小林先生と両想いになります。

小林先生に関するエピソードが少ないので、影の薄い感じが出てしまっている感があります。しかし、白鳥警部と両想いになったので、今後このエピソードや少年探偵団を巻き込んだエピソードで活躍が期待される事でしょう。

 

若狭留美

■年齢
37歳

■CV
平野文さん

■特徴
帝丹小学校1年B組の副担任。就任時には教卓に頭を分T毛たり、持った荷物を時間割表に引っ掛けて破いてしまうなど、ドジっぷりが多いです。ところが、彼女の正体は黒の組織のナンバー2『ラム』ではないかという可能性が高いのです。ただ、灰原さんはラムだと思っていないようですが、今後の物語の動きに注目ですね。

ドジっぷりと起こった時のギャップがすごい若狭先生。コナン君は黒の組織に関わっているのでは?という疑いを持っていますが、今後の物語の動き、そして若狭先生が何者かに注目しましょう。

 

警察関係者

目暮十三

■年齢
40代ぐらい

■CV
茶風林さん

■特徴
警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査三係の警部で、小五郎さんの刑事時代の上司でもいらっしゃいます。よくコナン君と小五郎さんとの事件に遭遇するものの、比較的寛容であるものの、『疫病神』とか『死神』などと皮肉っているそうです。ちなみにいつも帽子をかぶっているのは、妻であるみどりさんを守るために負った古傷を隠すためだそうです。

名探偵コナンの警察関係者の中で古参の登場人物であり、尚且つアニメや漫画での視聴者的役割を持つ方です。推理力は高くないものの、犯人には穀然とした態度で接し、諭したり叱ったりすることが多いようです。

 

佐藤美和子

■年齢
28歳前後

■誕生月
4月

■CV
湯屋淳子さん

■特徴
警視庁捜査一課の刑事で、階級は警部補。警視庁のマドンナ的存在であるものの、本人はまったくその自覚がない様子です。父親が刑事であったものの、事件に巻き込まれ殉職され、トラウマの余り暴走をしてしまうところがあるようです。

しかし、高木刑事が力づくで止めに入ってくれたことがきっかけで両想いとなり、『本庁の刑事恋物語シリーズ』として名探偵コナンでは定番シリーズとなっています。ちなみに、小林澄子先生と外見が瓜二つであり、白鳥警部が小林先生と気づいた後、高木刑事との仲は飛躍的に進展したようです。

また、初恋の相手がルパン三世であり、のちにクロスオーバー作品でルパン三世と共演をしました。

 

高木渉

■年齢
26歳くらい

■CV
高木渉さん

■特徴
警視庁捜査一課の刑事で、階級は巡査部長。もともと原作には登場せず、アニメ版において事件の検証説明をさせる役として登場したオリジナルキャラクターでした。

しかし原作に逆輸入されキャラ設定がさせられてからは、目暮警部に次いで出番が増えており、人気投票でももっとも高い人気を持つ人物となりました。ちなみに、名前の由来は演じている高木渉さんから。これは、高木さんのアドリブで名乗ってしまい、そのまま定着してしまったからだそうです。佐藤刑事とは本庁も認める恋仲で、キスシーンを披露するまでの仲に。

アニメがきっかけで、原作にも逆輸入された高木刑事。事件の時はコナン君達の意見をちゃんと聞くものの、佐藤刑事に対しての恋は優柔不断の彼です。今後も暖かく見守りたいですね。

 

千葉和伸

■年齢
24~25歳

■CV
千葉一伸さん

■特徴
警視庁捜査一課の刑事で、階級は巡査部長。高木刑事と同じく、アニメから原作にも登場するようになったキャラクターの一人です。アニメでは高木刑事とは後輩設定であります。さすがに二番煎じになってしまうからか、名前は声を当てている千葉一伸さんを一文字変えて設定されています。

仮面ヤイバ―の特撮物が好きで、高木刑事同様少年探偵団の意見をちゃんと聴く優しい刑事です。

原作の新シリーズでは、幼なじみで警視庁交通課に勤務する、三池苗子さんとの恋愛シリーズが展開されています。高木刑事と佐藤刑事同様、今後の展開がどうなるのか楽しみです。

 

白鳥任三郎

■年齢
30代前半

■CV
塩沢兼人さん→井上和彦さん

■特徴
警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査三係所属。階級は警部。もともとは劇場版第1作目『時計仕掛けの摩天楼』に登場したオリジナルキャラクターだったものの、後に原作やアニメにも登場し、準レギュラーに昇格しました。

生真面目で慎重な性格ですが、いざというときには大胆な行動をする事もあるようです。もともとは法律家を目指していたものの、本を万引きしようとしていた学生からある少女を助け、刑事の道へ進みます。

実は少年時代初恋をしていたのは、小林先生であり、自分が警察官になったのは佐藤刑事ではと勘違いしていました。そのため長く佐藤刑事と高木刑事の恋を邪魔していました。その後、小林先生とも恋仲となります。

白鳥任三郎という名前は、ドラマ『古畑任三郎』から拝借したもの。古畑刑事と同じように、ニヒルという言葉を感じさせる刑事です。しかも趣味が多彩でワインや、クラシック音楽など、様々な教養を披露する事が多いです。

 

その他の登場人物

鈴木園子

■年齢
毛利蘭と同じくらい。

■CV
松井菜桜子さん

■特徴
毛利蘭さんの親友であり、新一の同級生。鈴木財閥の令嬢でもあるのですが、普段はそれを感じさせない気さくでサバサバした性格です。

また、小五郎さん同様かなりのお調子者であり、おしゃべりで軽薄な雰囲気が幸いして、ナンパされるような事はないようです。原作では小五郎さんの代わりに、麻酔銃で眠らせて推理を披露する事もあり、『眠りの園子』と自称する程。恋仲として京極真がいるが、実は怪盗キッドのファンでもあります。

園子さんの魅力は、なんといってもお金持ちという雰囲気が無いという事。また、コナン君からも『ミーハーな女子高生』と言われるくらいです。今はコナン君の事を『めがねのガキンチョ』と呼ぶようになっていますが、昔はちゃんと『コナン君』と呼んでいました。自分としてはコナン君と呼ぶようにして、時たまガキンチョと言ってほしいなと思っています。

 

安室透

■年齢
29歳

■CV
古谷徹さん

■特徴
『毛利探偵事務所』の階下にある喫茶店『ポワロ』で、アルバイトをしている私立探偵。しかしそれは仮の姿であり、本名は降谷零。警察庁警備局警備企画課所属の公安警察官。

隠密捜査官として黒の組織に潜入し、『バーボン』というコードネームを持ち、探り屋として活動しています。ただそれは警察庁として黒の組織解体を目指すための捜査活動であり、実質コナン君達の味方という事になります。

容姿端麗でなおかつ、トリプルフェイスという異名を持つ安室さんは、現在の名探偵コナンのファンの間では、1,2を争う人気キャラクター。事実最新作の劇場版『ゼロの執行人』では、興行収入100億にしようというファンが通い詰めるという人が続出し、さらには彼が主役のスピンオフ漫画も売り切れになる程、人気が高いと言われるようになりました。トリプルフェイスというミステリアスなキャラクターが評判を呼び、名探偵コナンの人気キャラクターになったのかもしれません。

 

妃英理

■年齢
38歳

■誕生日
10月10日

■CV
高島雅羅さん

■特徴
毛利蘭の母親で、毛利小五郎の妻。現在は別居中。『妃法律事務所』を経営している弁護士。小五郎さんとは幼なじみで大学在学中に結婚、蘭さんを出産。円満な夫婦仲を得るものの、7年後に別居をしてしまいます。

なぜ離婚までには至らないのかは分かりませんが、父親である小五郎さんの女癖が悪いという事、また料理が苦手というのもありそれが原因で別居をし始めてしまったのが理由ではないでしょうか。また、小五郎さんの事については内心大切に思っているのだそうです。コナン君は新一の時に、幼少時に厳しく叱られた記憶もあり、トラウマになっていて苦手な存在であるようです。

名探偵コナンの世界の中では、唯一誕生日が設定されている妃弁護士。物語では、『検察のマドンナ』とも呼ばれる、九条玲子さんとの法廷の戦いを繰り広げられるエピソードが多いです。

蘭さんが懸命に夫婦仲を取り戻そうとしてはいるものの、小五郎さんのダメ親父典型の性格が災いし、結局は一人でいるのが良いという事になってしまうのですね。

 

水無怜奈

■年齢
27歳

■CV
三石琴乃さん

■特徴
日売テレビのアナウンサー。しかしその実態はCIAの謀報官であり、現在は黒の組織に潜入して『キール』というコードネームで潜伏しています。

本名は本堂瑛海。赤井達FBI捜査官たちに協力しているものの、現在どのような活動をしているのか、物語では明らかになっていません。実の弟は本堂瑛祐で、コナン=新一である事を知っている数少ない一人です。

実際、私も彼女の事を良く知らないです。黒の組織にはまだまだ謎が深い部分がありますからね。果たして彼女は現在どうなっているのか、今後の物語の進展が注目されます。

 

まとめ

名探偵コナンの世界には、登場人物の誕生日や年齢があいまいであり、またその設定もコナン君や妃弁護士という数少ないものとなっています。今後キャラクターはますます増えていく事ですので、青山先生が描く『名探偵コナン』の今後に注目したいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です