ルパパトが面白いつ5個の理由

スポンサーリンク

①ストーリーが面白い

一つ目の面白い理由は「ストーリーが面白い」。

ルパパトのストーリーは基本的に一話で完結するものが多く単純に一話ずつ楽しんで見れます。
登場人物の一人が各回のストーリーの中心人物になったり、各戦隊にスポットを当てた回などがありその中で全体的なストーリーや人物の過去や特徴的なキャラなどが表現されていて面白いです。

その中でギャグ的な要素も多くあり子供から大人まで楽しんで見れるストーリーになっていますね。また敵であるギャングラーのキャラも非常に面白く毎回登場するギャングラーも楽しんで見れます。

 

②バトルが面白い

二つ目の面白い理由は「バトルが面白い」

ルパパトのバトルの面白さもやはり今までになかった対立構造が面白さの大きな理由でしょう。
戦隊VS戦隊そしてその対立に大きくかかわっているのが「ギャングラー」の存在。単純にルパンレンジャーとパトレンジャーが戦っているのではなく、共通の敵であるギャングラーとの戦いの中でお互いの目的の違いで対立しています。

ギャングラーとの戦いの中でルパンレンジャーはルパンコレクションの回収を最優先にしています。ギャングラーからコレクションを回収しないまま倒すとコレクションごと破壊してしまうことになります。

そのためギャングラーが引き起こす被害や人々が襲われることに関しては基本的に助けることはせず、コレクションを回収したうえでギャングラーを倒すという戦い方をしています。

一方パトレンジャーはギャングラーからの被害から人々を守るということを第一の任務としており、ギャングラーを倒すことを優先しています。パトレンジャーはルパンコレクションの押収は基本的な任務とはしておらずコレクションごとギャングラーを倒すことをルパンレンジャーは常に警戒しています。

そんな対立している二つの戦隊も時には共闘することがあります。それは主にルパンコレクションの能力が強力な時です。ルパンコレクションの能力はギャングラーの金庫から取り出すことでギャングラーはその能力を使えなくなります。

ですがルパンレンジャー3人だけでは人数不足でコレクションを回収できない、またパトレンジャーもギャングラーの金庫はルパンレンジャーのもつダイヤルファイターがないと開けられないため、コレクションを取らないとギャングラーを倒せない、そんなときに二つの戦隊は一時的に共闘することもあります。普段は対立関係にある二つの戦隊が協力するときは視聴者も盛り上がりますね!

また戦隊ならではの面白さである巨大戦も今回は今までとはまた違った面白さがあります。ルパンレンジャーには飛行機型の乗り物であるダイヤルファイター、パトレンジャーには車型の乗り物であるトリガーマシンがありこの変身にも使われるアイテムを巨大化させてロボットに変形し巨大戦が繰り広げられます。ロボットの中核になるグッドストライカーは意思があり、このキャラもまた面白いです。

また巨大戦でも二つの戦隊が共闘することもあります。追加戦士であるルパン・パトレンXのロボとルパンレンジャーのダイヤルファイターとパトレンジャーのトリガーマシンが合体してグッドクルカイザーVSXが登場します。この戦い方をするときは基本的には通常時に共闘した場合が多く、巨大なロボと全マシン、戦隊全員が一つになって戦う姿はとてもかっこいいです。

スポンサーリンク

③オチが面白い

三つ目の面白い理由は「オチが面白い」

ギャングラーとの戦いもひと段落した後のオチが面白いですね。ギャグ感の詰まった面白いオチから、各回の戦いや出来事の中で仲間との絆が深まったオチなど各回様々なオチも面白いです。

また各回の戦いや出来事の中で登場人物たちの成長や考え方の変化などもまとめられていてそのようなシーンも見逃せないオチになっています。

 

④敵の能力が面白い

四つ目の面白い理由は「敵の能力が面白い」

敵の能力に大きくかかわってくるのがギャングラーの体の中に入っているルパンコレクション。またギャングラー自身の能力もあるため2つの能力を持っているのも面白いところ。

ルパンコレクションの能力も攻撃力が強力なものもあればユニークで面白い能力もありっても面白いですね。

また個人的にそのルパンコレクションも魅力です。ルパンコレクションは歴代戦隊のアイテムがモチーフとなっているため今回のコレクションはなにか?というのを注目してみているのも面白いです。

歴代戦隊の変身アイテムまでもコレクションになっていることがあるので今までの戦隊ファンとしてもワクワクしますね。能力もそのアイテムに近いものになっておりその戦隊を連想できるのも楽しみです。最終的にルパンコレクションが歴代戦隊のアイテムがモチーフになっていることに意味はあるのかということも注目しています。

 

⑤設定が面白い

五つ目の面白い理由は「設定が面白い」。

スーパー戦隊シリーズ第42作目となる「快盗戦隊ルパンレンジャー」VS「警察戦隊パトレンジャー」通称「ルパパト」。そのストーリーの魅力といえば何といってもスーパー戦隊史上初となる一作品に二つの戦隊が登場し、戦隊VS戦隊という新しいストーリーですね 。

ギャングラーによって大切な人を奪われ、その人たちを取り戻すためルパンレンジャーに変身し、ルパンコレクションを集めることを目的とする快盗に対し、ギャングラー犯罪から人々を守る王道ヒーローの警察というストーリーが新鮮で面白いですね。また、ルパンレンジャーを応援するか、パトレンジャーを応援するかというのもこの作品ならではの面白さですね。

そして今までになかったストーリー構造から、最終的にはどんな結末になるのか全く予想できないということも視聴者も視聴者の注目を集めています。

 

まとめ

やはり何といっても今までになかったストーリーが魅力の作品です!また内容も面白く、子供から大人まで楽しめ、最終的にはどのような結末になるのか全く予想ができず、毎回が楽しみになるそんな作品です!

ルパパトがつまらない・面白くない5個の理由
ルパパト 中の人(スーツアクター)まとめ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です