フランケンロボくんのパパはバイキンマン【切ない7エピソード】

バイキンマンのことを「パパ」と慕うキャラクター・フランケンロボくん。ある意味でバイキンマンの子供なのですが、かなり過酷な運命を背負ったキャラクターでした。

 

スポンサーリンク
 

バイキンマンの子供・フランケンロボくんとは?【切ない7エピソード】

引用元:Twitter

バイキンマンの子供・フランケンロボくん。アンパンマンファンの中でもかなり人気の高いキャラクターです。その人気の理由が、「切なすぎるエピソードが満載」だから。

 

今回は、フランケンロボくんにまつわる切ないエピソードを7つ紹介していきます。バイキンマンとの親子関係についても紹介しますね。

 

  • ①バイキンマンをパパと呼ぶ理由【初登場回から切ない】
  • ②捨てられてもなおバイキンマンを慕う
  • ③触るとなんでも感電してしまう
  • ④とうだいまんの助手として働く理由
  • ⑤アンパンマンたちの配慮が…
  • ⑥どこまでも最悪なバイキンマン
  • ⑦ニガウリマン「苦労しているなぁ」

 

①バイキンマンをパパと呼ぶ理由【初登場回から切ない】

フランケンロボくんが初登場したのは、第375話「アンパンマンとフランケンロボくん」。

 

フランケンロボくんは、雷の力で命が宿ったロボットの子供です。バイキンマンが作ったロボットなので、フランケンロボくんは生みの親であるバイキンマンのことを「パパ」と呼んでいます。

 

バイキンマンのことを慕っており、いつも一緒にいたいと考えています。純粋な性格で、バイキンマンのことを誰よりも尊敬している子供です。そんなフランケンロボくんですが、バイキンマンとは別々に暮らしています。

 

この設定がかなり切ないんですよね。

 

スポンサーリンク
 

②捨てられてもなおバイキンマンを慕う

フランケンロボくんが作られた目的は、アンパンマンを倒すため。ですが、使いものにならなかったため一度廃棄処分されています。その時に雷に打たれて電気を帯びるようになりました。

 

一度捨てられたにも関わらず、バイキンマンのことを「パパ」と慕うフランケンロボくん。その健気な姿に涙する視聴者も少なくないようです。

 

③触るとなんでも感電してしまう

フランケンロボくんの最大の特徴は、触るとなんでも感電させてしまうということ。常に電気をまとっているため、友達もなかなかできません。パパであるバイキンマンと一緒にいたいですが、触ると感電させてしまうために迂闊に近づけないでいます。

 

それでも、会うと嬉しくなって抱き着いてしまいます。そのため、バイキンマンは、ある意味子供のフランケンロボくんに対して苦手意識を持っています。フランケンロボくんがたまに会いに来ても、「なんでおまえがここに…」と逃げだしてしまいます。

 

そんなパパの行動でさえも、「自分と遊んでくれている」と思い込んで喜ぶフランケンロボくん。純粋な性格の子供なんですよね。この純粋さがまた涙を誘います。

 

④とうだいまんの助手として働く理由

フランケンロボくんは、パパであるバイキンマンを慕いながらも別々に暮らしています。現在はとうだいまんの助手として一緒に生活をしているようです。

 

触ると誰でも感電させてしまうという帯電体質のため、バイキンマンとは暮らすことができないようです。そのため、帯電体質を活用して電力供給することのできるとうだいまんのもとで働いているようです。

 

本当はパパと一緒に暮らしたいけど、我慢して一生懸命自分の役割を果たそうとするフランケンロボくん。子供なのに過酷な運命を背負っているんですね。切ない…。

 

そんなフランケンロボくんですが、たまに休みをもらってバイキンマンに会いに行きます。せっかく会いに行ってもパパは「なんでおまえがここに…」と言われてしまう。それでもパパが大好きなフランケンロボくん…。

 

⑤アンパンマンたちの配慮が…

フランケンロボくんは、もともとアンパンマンを倒すために作られましたが、本人はそのことを知りません。そして、バイキンマンがアンパンマンたちに悪さをしていることも気づいていません。

 

フランケンロボくんとバイキンマンの関係性を知っているため、フランケンロボくんにバイキンマンが悪さをしていることをあえて告げていません。パパを慕うフランケンロボくんへの配慮ですよね。

 

今は純粋な子供だから色々と分からないフランケンロボくん。ですが、もし供から大人になって色々なことを理解しはじめたとした時の考えるとやはり切ない。もしかしたら、全てを理解した上でパパであるバイキンマンの味方をしようとするかもしれませんね。

 

⑥どこまでも最悪なバイキンマン

フランケンロボくんのパパ・バイキンマン。生みの親でありながら、フランケンロボくんにひどい仕打ちをしています。廃棄処分にしたり、逃げ回ったりというのもひどいのですが、個人的に特に「最悪」だと思ったエピソードがあります。

 

それが第1032話B「フランケンロボくんといずみのせい」。

 

■あらすじ
===============
不思議ないずみにバイキンマンの絵を落としてしまうフランケンロボくん。現れたいずみのせいの質問に正直に答え、綺麗な方の絵を差し出される。しかし、フランケンロボくんはそれを拒む。その代償として、全身を金色にされてしまう。

金色になったフランケンロボくんは、全体的に能力が向上。走る速度は各段に上がり、岩をも砕くパンチ力を手に入れる。バイキンマンは、性能の上がったフランケンロボくんを利用しようとして…。

 

一度は捨てた子供・フランケンロボくん。性能がパワーアップしたことを知るとすぐに利用しようと動き出すバイキンマン。ちょっとひどすぎます。さらにひどいのがこの後の展開。

 

パワーアップしたフランケンロボくんをバイキン城に連れて帰るバイキンマン。メカを組み立てさせるが、電流によってメカが暴走。それに怒ったバイキンマンは、フランケンロボくんを城から追い出す。

フランケンロボくんは、怒られた理由が「自分の体が金色になったからだ」と勘違い。パパに怒られないように、いずみのせいに元の身体に戻してもらうのだった…。

 

フランケンロボくんを利用しようとしたバイキンマン。ですが、役に立たないと分かったら激怒。追い出してしまいます。どこまでも卑劣なバイキンマン。子供向けアニメだからまだほんわかしていますが、これが実写ドラマだったら間違いなくシリアス展開です。

 

切ないのは、怒られて追い出されてもなおフランケンロボくんはバイキンマンのことを慕っている点。バイキンマンのためにパワーアップした自分の体を基に戻しにいっています。健気すぎて泣けてきます。

 

⑦ニガウリマン「苦労しているなぁ」

バイキンマンに振り回されまくっているフランケンロボくん。色々と切ない設定やエピソードが満載のキャラクターです。フランケンロボくんは、パパのために、ニガウリマンからギターを習おうとするエピソードもあります。

 

パパとは今別々に暮らしているけど、いつも遊んでくれるパパのために僕からギターを聞かせてあげたい

 

そんなフランケンロボくんに感動したニガウリマンの一言が印象的です。

 

小さいのに苦労しているなぁ

 

ニガウリマンは、フランケンロボくんに木製のギターをプレゼントします。フランケンロボくんが喜んでギターを弾くと、電気の力でエレキギターのように変化します。これを見たニガウリマンは、フランケンロボくんのギターのセンスを認めていました。

 

いつかフランケンロボくんのギターの音色が、バイキンマンに届くといいですね。

 

スポンサーリンク
 

フランケンロボくんはかなり人気キャラ【ネットの声まとめ】

小さい子供のキャラクターながら、かなり過酷な設定を負わされているフランケンロボくん。その切なすぎるエピソードからか、アンパンマンのキャラクターの中でも人気の高いキャラです。

 

フランケンロボくんに関するネットの声を紹介していきます。

 

泣いた

ネットでフランケンロボくんを調べていると、一番目にする言葉が「泣いた」。数々の切ないエピソードを持つフランケンロボくんならではですね。同じく切ない運命を担うロールパンナに匹敵するほど「泣いた」という声がありますね。

 

パパはかっこいい

バイキンマンにどんないじわるをされたとしても、それを「遊んでもらってる」と解釈するフランケンロボくん。パパへの尊敬は揺るぎません。ユキダルマンに対しても「パパはかっこいい」と断言しています。

 

ちびまる子ちゃんと一緒の声優

フランケンロボくんの声を担当しているのは、TARAKOさん。アニメ「ちびまる子ちゃん」の主人公・まる子の声を担当されている声優さんですね。ピーター(たまちゃんの声)との共演回では、ネットがざわつきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です