ドラゴンボール ベジータ声優変わった?【限界の声も…】

「ドラゴンボール」のメインキャラの一人・ベジータ。ベジータの声は、初登場から一貫して堀川りょうさんが声優を務めています。

ただ、「声が変わった」という口コミは少なくありません。なぜここまで口コミが投稿されるのか。その理由は大きく3つありました。

スポンサーリンク

ドラゴンボール ベジータ声優「声が変わった?」

Twitterで「ベジータ 声」と検索すると、「声変わった」という口コミが多く見つかりました。想像以上に多くて驚きました。やはり、「変わった」と感じている人は多いようですね。

声の高低差や、活舌などを具体的に指摘する口コミまでありました。

ガンダムのアムロを例に出して、「二十年以上たてば声質も微妙に変わるだろう」というツイートが印象的でした。ガンダムもまた長寿アニメですからね。声が変わったと言う声も少なくありません。

長寿アニメあるあるでもある「声が変わった」という口コミ。ドラゴンボールのベジータは、なぜここまで口コミが多くなっているのでしょうか。単に年齢のせいだけではないようです。

スポンサーリンク

ベジータ声優・堀川りょう【声が変わった3つの理由】

堀川りょう
  • ドラゴンボールシリーズ(ベジータ)
  • 聖闘士星矢(アンドロメダ瞬)
  • GS美神(横島忠夫)
  • 名探偵コナン(服部平次)
  • 雨色ココア(天見浩司)

 

①年齢

一つ目の理由が、「年齢」。

声が変わったと言われる最大の理由が、「年齢」。アニメの長寿化とともに、声優も年を重ねます。加齢によって声が変わるのは仕方のないこと。長寿アニメにとっては避けて通れない問題ですね。

ベジータの声優は、ずっと堀川りょうさんです。「ドラゴンボールZ(1989~)」「ドラゴンボールGT(1996)」「ドラゴンボール改(2009~)」「ドラゴンボール超(2015~)」で登場したベジータの声を、全て堀川りょうさんが変わらずに担当しています。

ベジータがアニメに初登場したのは、「ドラゴンボールZ」が放送開始された1989年。この記事を書いているのが、2019年。現時点で、すでに30年が経過しています。

堀川りょうさんの年齢は、現時点で61歳(1958年2月1日生まれ)です。30年前は約30歳。いくら声優といえども、30年前と同じ声を維持するのは無理です。「声が変わった」と言われるのは、仕方のないことなんですよね。

管理人の一言
「声が変わった」という口コミは、長寿アニメにはつきもの。本ブログで紹介している「アンパンマン」「名探偵コナン」「クレヨンしんちゃん」に登場するキャラも、同じように「声が変わった」と言われています。

 

まさに長寿アニメあるある。

 

②ベジータのキャラが変わった

二つ目の理由は、「ベジータのキャラが変わった」。

キャラの性格が変わったことで、セリフや口調が変化。そのことも「声が変わった」と言われる一つの要因となっている気がします。

初登場時の残虐非道なベジータから、現在のベジータは大きく性格が変更されています。残酷な性格は薄くなり、今では愛妻家のツンデレキャラになっています(笑)。

キャラが変わったということは、そのセリフも変化します。以前のベジータでは絶対に言わないような話し口調も出てきました。例えば、自分の娘・ブラを愛でるような甘い口調やセリフ。地球に襲来した当時のベジータでは考えられないような口調になっています。

ベジータのキャラが変わったことで、声優・堀川りょうさんに求められる演技も変化。そのことも「ベジータの声が変わった」と言われる要因だと考えられます。

管理人の一言
現実世界で時間が流れているのと同じように、ドラゴンボールの世界でも時間が流れてるんですよね。ドラゴンボールキャラの年齢の変化については、以下の記事で詳しく紹介しています。

 

ドラゴンボール 悟空たちキャラクターの年齢設定【年齢表】

 

③技術の進化

三つ目の理由は、「技術の進化」。

アニメーション技術、放送技術、テレビなど機器などの進化によって、声優の声がよりクリアに鮮明に聞こえるようになりました。そのことも「声が変わった」と言われる要因かもしれません。

上でも書いたように、「ドラゴンボールZ」の放送開始は1989年。今から30年も前です。この30年間で技術はかなり進化しました。アニメはセル画からデジタル画に。ブラウン管テレビは液晶地テレビに変わりました。地デジ化も始まりました。

テレビから聞こえてくる音や声の印象も大きく変化しています。ベジータの声も例外ではありません。ブラウン管のテレビから聞こえていたベジータの声は、なんだか不鮮明でくもっていたように感じます(今考えれば、ですが)。

「声が変わった」というよりは、「より生の声に近づいた」という方が正しいかもしれませんね。

管理人の一言
昔はゴールデンタイムにアニメを放送したりしてたんですよね。今では考えられない番組編成です。懐かしいなぁ…。

スポンサーリンク

堀川りょうさんの声は限界なのか?【声優交代はあり得る?】

 

声が限界?声優交代の時期?

「声が変わった」と言われるベジータ声優・堀川りょうさん。Twitterの投稿を調べていると、「変わった」という口コミの他に「限界なのでは?」という口コミもチラホラ見かけます。

上記ツイートの他にも、何件も「限界」というフレーズの投稿を見つけることができました。中には、「ドラゴンボール芸人・R藤本の方が昔のベジータの声に近い」という声もあります。

「声優交代の時期なのでは…?」という投稿もありますね。

 

まだまだ限界ではない

たしかに、昔と比べるとベジータの声は変わっています。ですが、私個人の意見としては、これからもベジータの声はやはり堀川りょうさんが適任だと思っています。まだまだ限界ではないと思います。

そう思う理由は、「ベジータも年齢を重ねているから」。声優が年齢を重ねるのと同じように、ベジータも年老いていっています。同じ声優が一貫して役を続けることが、ドラゴンボールの世界観にリアリティを持たせています。

 

ベジータも加齢してる

上でも書いたように、現実社会と同じようにドラゴンボールの世界も時間が経過しています。少年だった悟空は、孫を持つ年齢にまでなりました。ベジータもまた二児の父になっています。

地球に襲来した時のベジータの年齢は30歳。魔人ブウ復活時点の年齢は42歳。ビルス登場時の年齢は46歳です。原作ラストの年齢は52歳です。

このように、ドラゴンボールの世界でも現実社会と同じように時間が経過しています。ベジータの声が変わるのは、不自然ではなく、むしろ自然なことに感じます。

キャラとともに年齢を重ねてきた堀川りょうさんだからこそ、ベジータの声を出せるのだと、私は思います。

というわけで、私個人の意見としては「限界」だとは思いません。

管理人の一言
ベジータのモノマネで有名なドラゴンボール芸人・R藤本さんの声は、たしかにベジータそっくり。でも、現在のベジータというよりは「サイヤ人編のベジータ」の声に近い気がするんですよね。

 

声優交代したらしたで、またなんか違う違和感を抱く気がします。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です