ドラゴンボールOP曲一覧【冒頭歌詞あり】

アニメ「ドラゴンボール」のOP曲を一覧でまとめてみました。「ドラゴンボール(初期)」から、「Z」「GT」「改」「超」の最新OP曲まで紹介します。

冒頭の歌詞と視聴可能な楽曲は視聴リンクも貼っています。

スポンサーリンク

「ドラゴンボール」OP曲

魔訶不思議アドベンチャー!

引用元:Amazon

■作詞
森由里子

■作曲
いけたけし

■編曲
田中公平

■歌
高橋洋樹

■放映期間
1986年2月26日(第1話) – 1989年4月19日(第153話)

アニメ「ドラゴンボール(無印)」のOP曲は、「魔訶不思議アドベンチャー!」。アニメドラゴンボールの一番最初のOP曲です。

「掴もうぜ!ドラゴンボール!」から始まる歌詞は、誰もが一度は聞いたことがあるはず。本記事を書くにあたって改めて聞いてみたらめちゃくちゃ懐かしかったです。

OPのアニメで個人的に印象に残っているのは、大猿化した悟空から、ブルマたちが逃げるシーンです。初期ドラゴンボールの名シーンですよね。

冒頭の歌詞
つかもうぜ!DRAGON BALL

世界でいっとー スリルな秘密

さがそうぜ!DRAGON BALL

世界でいっとー ユカイな奇跡

この世はでっかい宝島

そうさ今こそアドベンチャー

引用:「魔訶不思議アドベンチャー!」歌詞より

歌詞の続きはコチラ

 

管理人の一言
OPアニメには、悟空、ブルマ、ヤムチャ、ウーロン、プーアルなど、初期キャラが多く登場しますね。

スポンサーリンク

「ドラゴンボールZ」OP曲一覧

CHA-LA HEAD-CHA-LA

引用元:Amazon

■作詞
森雪之丞

■作曲
清岡千穂

■編曲
山本健司

■歌
影山ヒロノブ

■放映期間
第1話(1989年4月26日)- 第199話(1993年9月1日)

アニメ「ドラゴンボールZ」の一番目のOP曲。Z世代の人であれば、「これぞドラゴンボールのOP曲!」と感じる人も少なくありません。第1話から第199話までこのOP曲が使用されました。サイヤ人編からセル編のラストまでですね。

OPアニメは、話数によって変化しています。例えば、悟空が超サイヤ人になったら、OPのアニメの悟空も超サイヤ人に変化します。フリーザ、人造人間など、その時の敵キャラも登場します。

カラオケで歌ったら盛り上がること間違いなしの曲ですよね。

冒頭の歌詞
光る 雲を突き抜け Fly Away(Fly Away)

からだじゅうに 広がるパノラマ

顔を 蹴られた地球が怒って(怒って)

火山を爆発させる

引用:「CHA-LA HEAD-CHA-LA」歌詞より

歌詞の続きはコチラ

 

管理人の一言
OPアニメで個人的に印象に残っているのは、雲海の下から神龍がボワァッと出現するシーン。神龍の大きさが分かる良シーンだと思います。

スポンサーリンク

WE GOTTA POWER

引用元:Amazon

■作詞
森雪之丞

■作曲・編曲
石川恵樹

■歌
影山ヒロノブ

■放映期間
第200話(1993年9月8日)‐ 第291話(1996年1月31日)

アニメドラゴンボールZの二番目のOP曲「WE GOTTA POWER」。放映期間は第200話から最終話の第291話まで。セル編以降、魔人ブウ編のOP曲ですね。

セル編のラストで悟空が死亡し、魔人ブウ編では主に悟飯が主人公扱いになったため、本OPアニメでも悟飯が中心に登場します。また、魔人ブウ編から登場した新キャラである少年トランクスや悟天なども登場します。

悟空も登場しますが、死んでいる設定なので、頭の上には天使の輪っかが浮かんでいます。

冒頭の歌詞
ハチャメチャが 押し寄せて来る

泣いてる 場合じゃない

ワクワクを 100倍にして

パーティの主役になろう

引用:「WE GOTTA POWER」歌詞より

歌詞の続きはコチラ

 

管理人の一言
黄金の雲から、神龍に乗った悟飯、悟天、トランクスが登場する冒頭シーンは印象的です。また、個人的に印象に残っているのはグレートサイヤマン時の悟飯のサングラスに、これまでの戦いの歴史がフラッシュバックするシーンです。

 

悟飯のカッコよさが際立つOPアニメです。

 

「ドラゴンボールGT」OP曲一覧

DAN DAN 心魅かれてく

引用元:Amazon

■作詞
坂井泉水

■作曲
織田哲郎

■編曲
葉山たけし

■歌
FIELD OF VIEW(ZAIN RECORDS)

■放映期間
1996年2月7日(第1話) – 1997年11月19日(最終話)

アニメ「ドラゴンボールGT」のOP曲「DAN DAN 心魅かれてく」。作詞はZARDの坂井泉水さん。作曲は織田哲郎さん。ヒットメーカーの二人がタッグを組んだ名曲です。そして、歌うのはFIELD OF VIEW。

アニメ史に残る人気を獲得して終了した「ドラゴンボールZ」。その続編として製作された「ドラゴンボールGT」。原作から離れたストーリーということもあり、製作陣の気合は半端ではなかったのでしょう。その気合の大きさが、OP曲の人選にあらわれているようです。

OPアニメには、本作のメインキャラとなる小さくなった悟空、トランクス、パンの三人が宇宙を旅する様子が描かれています。

冒頭の歌詞
DAN DAN 心魅かれてく

その眩しい笑顔に

果てない暗闇から飛び出そう

Hold my hand

引用:「DAN DAN 心魅かれてく」歌詞より

歌詞の続きはコチラ

 

管理人の一言
OPアニメで印象に残っているのは、真っ裸の悟空に、パンが恥ずかしがりながら服を渡しているシーン。久しぶりの悟空の真っ裸と、パンの可愛さが印象的です。

 

物語の世界観を綺麗に表現している良OPアニメだと思います。

 

「ドラゴンボール改」OP曲一覧

Dragon Soul

引用元:Amazon

■作詞
吉元由美

■作曲
岩崎貴文

■編曲
京田誠一

■歌
谷本貴義(Dragon Soul)

■放映期間
2009年4月5日(第1話) – 2011年3月27日(第98話)

「ドラゴンボールZ」のリメイクアニメ「ドラゴンボール改」第1期のOP曲は、「Dragon Soul」。冒頭歌詞の「Dokkan Dokkan ツイてる!」が印象的な曲ですね。

放映期間は第1話~第98話まで。サイヤ人編からセル編までですね。ドラゴンボールZのオープニングアニメと同じく、敵キャラが登場したり演出が変わったりと各編でアニメが変化していきます。

明るいアップテンポな曲調で、覚えやすい歌詞が印象的でした。

冒頭の歌詞
Dokkan Dokkan ツイてる!

Dokkan Dokkan Paradise

元気玉がはじけ飛ぶぜ

Go Go Let’s do it

引用:「Dragon Soul」歌詞より

歌詞の続きはコチラ

 

管理人の一言
アニメ冒頭に、大きく「改」と出てくるのが印象的ですね。また、ドラゴンボールZのOP曲だった「CHA-LA HEAD-CHA-LA」オマージュも随所に挿入されています。

 

空・前・絶・後 Kuu-Zen-Zetsu-Go

引用元:Amazon

■作詞
森雪之丞

■作曲
岩崎貴文

■編曲
籠島裕昌

■歌
谷本貴義 (Dragon Soul)

■放映期間
2014年4月6日(第99話) – 2015年6月28日(最終回)

アニメ「ドラゴンボール改」第2期のOP曲は、「空・前・絶・後 Kuu-Zen-Zetsu-Go」。

作詞は森雪之丞さん。歌詞の中には、「改」というフレーズが印象的に使われています。歌を担当するのは、前OP曲に引き続き谷本貴義(Dragon Soul)さんですね。

魔人ブウ編から最終回までのOP曲ということで、悟天、トランクス、アルティメット悟飯などが登場します。また、敵キャラである魔人ブウ、バビディ、ダーブラなども登場しますね。

冒頭の歌詞
かめはめ波 比べる改?

夢のデカさで 張りあう改?

VS.最強のライバルは自分

引用:「空・前・絶・後 Kuu-Zen-Zetsu-Go」歌詞より

歌詞の続きはコチラ

 

管理人の一言
OPアニメで印象的なのは、魔人ブウ(純粋悪)と超サイヤ人3の悟空の対決シーンです。原作通り、悟空がブウの腕にかみついたりしています。思わず、「あったあった」とつぶやいてしまいました。

 

「ドラゴンボール超」OP曲一覧

超絶☆ダイナミック!

引用元:Amazon

■作詞
森雪之丞

■作曲・編曲・歌
吉井和哉(TRIAD / 日本コロムビア)

■放映期間
2015年07月05日(第1話) ‐ 2017年01月29日(第76話)

ドラゴンボールの続編を描いたアニメ「ドラゴンボール超」の最初のOP曲は「超絶☆ダイナミック!」。破壊神ビルス編から、未来トランクス編までこのOP曲が使用されています。

作詞はお馴染みの森雪之丞さん。作曲、編曲、歌は、THE YELLOW MONKEYのボーカリストである吉井和哉さんです。この人選はインパクトありますよね。

歌詞の中には、「神に挑む」「宇宙に扉」などドラゴンボール超のストーリーを彷彿とさせるフレーズが散りばめられています。また、「夢の続き」など、ドラゴンボールの続編であることも象徴づけているような気がします。

冒頭の歌詞
いつか途切れた

夢の続き 始めよう

星を繋げて

宇宙(そら)に扉 描けばいい

引用:「超絶☆ダイナミック!」歌詞より

歌詞の続きはコチラ

 

管理人の一言
最初聞いたときは、「ドラゴンボール感ないな」と感じた本楽曲。ですが、何度も聞くうちに次第にハマっていきました。今では、「ドラゴンボール超」のオープニングといえばコレ!という印象に変わってきています。

 

限界突破×サバイバー

■作詞
森雪之丞

■作曲
岩崎貴文

■編曲
籠島裕昌

■歌
氷川きよし(日本コロムビア)

■放映期間
2017年02月05日(第77話) ‐ 2018年03月25日(第131話)

「ドラゴンボール超」二つ目のOP曲は、「限界突破×サバイバー」。

歌うのは、演歌界のスター・氷川きよしさん。ですが、演歌ではなく、ポップな曲調の楽曲となっています。歌唱力は健在で、パワフルな歌声はさすがだという印象です。

放映期間は、宇宙サバイバル編。最終回までこのOP曲でしたね。力の大会に出場していたジレンや、ケフラなどがオープニングアニメに登場しています。

上記動画をチェックしてもらえれば分かると思いますが、前OPとは作画の印象が大きく変わっています。個人的には、こちらの作画の方が好きです。クオリティが高く見えます。

冒頭の歌詞
興奮すっゾ!宇宙へGO!

最先端の”夢中”をどう!

この手に掴むよ

素っ頓狂に笑ってタイ!

チンプンカンプンは慣れっこダイ!

I can’t get no satisfaction

引用:「限界突破×サバイバー」歌詞より

歌詞の続きはコチラ

 

管理人の一言
オープニングアニメで個人的に印象に残ったのは、ベジータの重力室でのトレーニング風景。人造人間編以降お馴染みの風景ですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です