ドラゴンボール 孫悟空の母親・ギネ【突然変異のサイヤ人だった】

ドラゴンボールの主人公・孫悟空。本記事では、悟空の母親・ギネについて情報をまとめてみました。

ギネはどのようにしてバーダックと出会ったのか、戦闘力はどれくらいなのか、などについて紹介していきます。悟空の母は、実は突然変異のサイヤ人でした…

スポンサーリンク

ドラゴンボール 悟空の母はギネ

引用元:Amazon

孫悟空の母親は、ギネ。惑星ベジータでバーダックと一緒に暮らしていたサイヤ人です。サイヤ人らしいボサボサの黒髪。旧タイプの戦闘ジャケットを着用しています。

戦闘ジャケットの腰から下はスカート型になっています。サイヤ人特有のしっぽは、サイヤ人にしては珍しく下に垂らしたままです。(※サイヤ人にとってしっぽは弱点のため、通常は腰に巻いています)

以下では、悟空の母・ギネについて詳しくまとめていきます。サイヤ人なのに優しい性格を持つ悟空の秘密にも、ギネは深く関係していました。

優しい性格の母【突然変異体だった】

サイヤ人は、基本的に冷酷な本能をもっています。好戦的で冷酷。それが戦闘民族・サイヤ人の特徴です。邪魔になれば味方を抹殺することにもためらいません(※ベジータはナッパを殺してましたよね)

そんな中、悟空の母・ギネはサイヤ人特有の冷酷な本能をほとんど持たずに生まれます。穏やかな性格のまま、バーダックと出会いラディッツと悟空を生みます。

ピクシブ百科事典には、「サイヤ人には珍しい突然変異体」と記載されています。

穏やかな性格を持つギネは、家族に対する愛情も深いようです。バーダックから、悟空を他の星に飛ばすことを聞かされたときには、強い口調で反対していました。その行為が危険を伴うことだと知っていて、悟空の身を案じて反対したようです。

悟空を飛ばす直前まで、「みんなで逃げよう」と提案していました。ギネは、悟空だけでなく、夫・バーダック、息子・ラディッツのことも心配していました。

このエピソードからも、他のサイヤ人と違って愛情の深い人物であることが伝わってきますね。

管理人の一言
ギネの優しい性格は、悟空に遺伝したのかもしれません。悟空がサイヤ人にもかかわらず穏やかな性格を保っている理由につながっている気がします。悟空がスーパーサイヤ人に目覚めたのも、突然変異体のギネが深く関係しているような気さえしてきますね。

 

バーダックとの出会い

悟空の母・ギネは、バーダックとどのように出会って悟空を生むことになったのか。その馴れ初めについてざっとまとめてみました。

ギネとバーダックは同じチームで戦う戦闘員同士でした。任務中にギネは何度もピンチに陥り、その度にバーダックに救われていたようです。その過程で恋愛感情が沸いたのだとか。

その後、ギネは戦闘員をやめてラディッツと悟空の二人の息子を生みます。

管理人の一言
ギネとバーダックのように仲の良い夫婦は、サイヤ人の中では珍しいそうです。サイヤ人は戦闘に明け暮れるのが特徴の民族なので、夫婦になったとしても淡泊な関係を維持するカップルが多いとのこと。

 

お互いを愛し合う描写のあるバーダックとギネのような存在は少数派だったようですね。

 

戦闘力は低い(サイバイマンレベル?)

悟空の母・ギネの戦闘力は、かなり低いと予想されます。ネットではサイバイマンレベルではないかと予測する声もあります。

穏やかな性格のため、戦闘には向かないギネ。上でも書きましたが、昔はバーダックと共に4人チームを組んで戦っていました。任務中に何度も危機に陥り、その度バーダックに救われていたようです。

その後バーダックと交際するようになってからは、戦闘員をやめています。悟空を地球に放った時点では、惑星ベジータの肉の配給所で働いていました。

このことからも分かるように、ギネの戦闘力は低いと予想できます。性格的にも戦闘には向いていません。

ちなみに、ラディッツの戦闘力は1500。サイバイマンの戦闘力は1200です。ギネの戦闘力がラディッツより低いと仮定すると、その戦闘力はサイバイマンくらいが妥当なのではないかと推測できます。

管理人の一言
ちなみに、サイバイマンの戦闘力は植える土によって変動します。サイバイマンの戦闘力(1200)は、あくまで地球の土で育てた時の戦闘力。

 

ナッパが「いい土だ、いいサイバイマンが育つぜ」と発言していることから推測すると、サイバイマンの1200という戦闘力は高い方なのでしょう。土の質が悪いと戦闘力は落ちるようです。

 

ギネの最後

悟空の母・ギネは、最終的にはフリーザの一撃によって惑星ごと吹き飛ばされてしまいました

「ドラゴンボール」本編では、長男・ラディッツが「惑星ベジータが消滅した際に他のサイヤ人共々死亡した」と口にしています。

つまり、悟空の母・ギネと悟空の父・バーダックは二人ともフリーザの手によって殺されたということです。(※ドラゴンボールヒーローズなど一部作品では、バーダックは生存しています)

悟空にとって、フリーザは両親の命を奪った仇なんですね。そう考えると、ナメック星編の戦いがさらに劇的に感じられますね。まぁドラゴンボール超ではフリーザと悟空が共闘していますが汗。

管理人の一言
ドラゴンボールヒーローズでは、バーダックは死んでいなかったという設定が作られています。その結果、超サイヤ人、超サイヤ人2、さらに超サイヤ人4にまで至っているようです。

 

名前の由来は「ネギ」

悟空の母・ギネの名前の由来は、「ネギ」から。サイヤ人の名前の由来は、野菜系なので、この流れにそった名前ですね。ちなみに、サイヤ人の名前の由来は以下の通り。

  • カカロット(キャロット)
  • ラディッツ(ラディッシュ)
  • バーダック(ごぼう)
  • ナッパ(菜っ葉)
  • ベジータ(ベジタブル)
  • ギネ(ネギ)
  • ターレス(レタス)
管理人の一言
ターレスは、劇場版アニメに出てきたサイヤ人です。姿形は悟空そっくりですが、血族関係はないようです。ターレス曰く「サイヤ人の下級戦士は顔のパターンが少ない」だそうです。

 

ギネの優しさが宇宙を救った

引用元:Twitter

フリーザによって、他のサイヤ人もろとも殺されてしまったギネ。彼女がいなければ、ドラゴンボールの物語は終わっていました。

ギネのおかげで、バーダックはサイヤ人にしては珍しい優しい性格を持ち合わせるようになり、悟空をフリーザの手から逃がすために地球に向かわせました。

そのおかげで悟空は生き残り、地球で力をつけます。やがてフリーザを撃破。その後も人間ゼロ計画を企てたザマスを撃破。悟空は、地球だけでなく宇宙全体を救った救世主だといえます。

そう考えると、悟空を救ったギネの優しさが宇宙を救ったと言い換えることもできそうです。

管理人の一言
ギネが突然変異体じゃなく普通のサイヤ人だったら、悟空は惑星ベジータで死んでいたかもしれません。

 

「ドラゴンボールマイナス」で初登場

引用元:Amazon

悟空の母・ギネが初登場したのは、2014年。「銀河パトロールジャコ」のおまけ読み切り漫画「DRAGONBALL-(ドラゴンボールマイナス)放たれた運命の子供」に初めて登場しました。

その後、映画「ドラゴンボール超 ブロリー」(2018)で初めてアニメ化されました。

「ドラゴンボール」の主人公・孫悟空。父親・バーダックは、原作にもちょろっと登場したり、バーダック主人公のアニメも放送されたので知っている人も多いと思います(ゲームにも登場したりと、結構人気のキャラクター)。

ですが、悟空の母についてはあまり知られていません。その理由は、ギネの登場が遅かったことが原因でしょう。2014年にビジュアルが解禁され、2018年にようやくアニメに登場していますからね。

管理人の一言
映画「ドラゴンボール超 ブロリー」で、初めて悟空の母を知ったという方も多いと思います。「ドラゴンボールマイナス」を読んでいた私でさえ、ギネの存在を忘れていたので汗。

 

ギネとチチは同じ声優

映画「ドラゴンボール超 ブロリー」で、初めてアニメに登場した悟空の母・ギネ。その声優は、渡辺菜生子さん。「ちびまる子ちゃん」に登場するタマちゃんの声で有名ですね。

渡辺菜生子さんは、実は「ドラゴンボール」でチチの声も担当しています。悟空の妻・チチと、悟空の母・ギネの二役をこなしています。ちなみに、ヤムチャの相棒・プーアルの声も担当しています。

管理人の一言
母親の声に似ていたから、悟空はチチとの結婚をあっさりと決めたのかも…?なんて妄想してしまいます。

スポンサーリンク

悟空の母・ギネへのネットの反応

悟空の母・ギネに関するネットの反応をまとめてみました。原作ファンからすれば、違和感を抱く方もいるようです。実は私もその一人。原作ファンであり、バーダック好きからすると、(バーダックの性格などの)設定変更にう~んとうなってしまいました。

チチに母の面影をみた

上でも書いたように、ギネとチチの声優さんは同じです。この配役には、なんらかの意味があるのではないかと感じる方は多いようです。

たしかに、無意味に同じ声優さんを使わないですよね。あながち間違っていないのでは?と思ってしまいます。

 

可愛い

ギネのルックスに関するツイートですね。たしかにギネはかわいい。サイヤ人っぽいツンツンの髪の毛なのに、しっかりと女子として可愛いですよね。個人的にも、ギネのルックスと性格は好きです。

 

初めてみた人多そう

父親のバーダックの知名度と、母親のギネの知名度の差はかなりあると思います。原作に登場していないというのも大きいですが、主人公の母親というポジションから考えるともっと知名度上がってもいいような気がします。

 

セリパでよかったのでは?

「悟空の母親はセリパで良かったのでは?」という感想です。セリパは、アニメ「ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦」に登場する女性のサイヤ人。バーダックが主人公の外伝的アニメですね。

女性戦士としてトップクラスの戦闘力を持ち、バーダックと一緒にチームを組んでいました。原作には一切登場しませんが、ドラゴンボール作品初の女性のサイヤ人は彼女です。

戦闘力の高さで興味の有無が決まるバーダック好みの女性ですね。そう考えると、戦闘力の低いギネよりも、戦闘力の高いセリパの方がバーダックとお似合いに思えてきます。

 

違和感がある

上記のツイートの他にも、「違和感」を口にする方はかなり多いです。原作好きや初期アニメの設定が好きという方にとっては、違和感を抱くのも自然な気がします。

ギネに関する違和感というよりも、「バーダックが優しすぎる」という点に違和感を抱く人が多いようです。私もその一人です。

「ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦」のバーダックと、「ドラゴンボールゼロ」「ドラゴンボール超 ブロリー」のバーダックは性格がかなり違いますからね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です