ドラえもんのうた 歌手は誰?歴代8人もいた!

「こんなこといいな できたらいいな あんなゆめ こんなゆめ いっぱいあるけど♪」で知られる「ドラえもんのうた」。ドラえもんの主題歌といえば、この曲を連想する人も多いのではないでしょうか。

 

「ドラえもんのうた」を担当した歌手の情報をまとめています。総勢8人(組)の歌手が主題歌を担当されていました。想像していたよりも多い…。

 

スポンサーリンク
 

ドラえもんのうた 歌手は誰?

引用元:Twitter

何度も歌手が変更されてる

「ドラえもんのうた」の歌手は、過去に何度も変更されています。「ドラえもんのうた」を担当したのは、8人(組)の歌手。そのうちテレビ版の主題歌として流れたのは6人(組)。※他2人は映画版での起用

 

計5回も変更があった「ドラえもんのうた」。何度も変更されているため、各年代によって馴染みのある歌手が違います。40代以上は、初代の歌手・大杉久美子版。30代~20代は山野さと子版です。

 

初代は大杉久美子版

初代「ドラえもんのうた」を担当したのは、歌手・大杉久美子さん。「アタックNo1」の主題歌を担当するなど、多くのアニソンを担当した歌手です。

 

大杉久美子版の「ドラえもんのうた」は、テレビシリーズでは1979年4月2日から1992年10月2日まで流れました。約13年半ものながい間流れていたので、「ドラえもんのうた」といえばこの人と感じる人も少なくありません。

 

テレビシリーズのほかには、映画「ドラえもん のび太の恐竜(1980)」、「ドラえもん のび太の宇宙開拓史(1981)」で挿入歌として使用。「ドラえもん のび太の大魔境(1982)」から「ドラえもん のび太のパラレル西遊記(1988)」まで7本もの主題歌として起用されています。

 

40代以上は、大杉久美子版「ドラえもんのうた」が馴染みのある年代だと思います。

 

■名前
大杉久美子

■主な作品
「ドラえもんのうた」
「アタックNo.1」
「エースをねらえ!」
「草原のマルコ」
「おいでラスカル」

引用元:ウィキペディア

 

20代~30代が馴染み深いのは山野さと子版

20代~30代の年代が馴染みあるのは、歌手・山野さと子さんによる「ドラえもんのうた」。筆者も一番馴染みがありました。

 

初代の大杉久美子版と違う点は、「わずかにテンポが遅くなった」。軽快なテンポの前作とは異なり、少し落ち着いた印象となりました。

 

テレビシリーズの主題歌として起用されたのは、1992年10月9日から2002年9月20日。約10年間ですね。映画版としては、1989年「ドラえもん のび太の日本誕生」に起用。以降1992年から2004年まで14本もの映画の主題歌に使われました。

 

■名前
山野さと子

■主な作品
「ドラえもんのうた」
「魔法のゲーム(ひとりでできるもん!)」
「ドリーム・チェイサー(ピグマリオ)」
「ハーイ!生徒諸君!(生徒諸君!)」
「メイプルタウン物語(メイプルタウン物語)」

引用元:ウィキペディア

 

スポンサーリンク
 

こんな人も歌ってた!ドラえもんのうた歌手一覧

長年オープニング主題歌として使われていた「ドラえもんのうた」。1979年の放送開始から2005年まで26年間も歌われ続けました。26年間の中で、何度も歌手は交代しているようです。

 

初代の大杉久美子さんから、2代目の山野さと子さん。それ以降の担当歌手をざっと紹介していきます。2005年のリニューアル後も、半年間だけ「ドラえもんのうた」が流れていたことを初めて知り、少し驚きました。

 

1979年~1992年|大杉久美子

上でも書いたように、初代「ドラえもんのうた」の歌手。約13年半もの間テレビシリーズを担当しました。

 

1992年~2002年|山野さと子

2代目「ドラえもんのうた」の歌手・山野さと子さん。約10年間テレビシリーズの主題歌として使われていました。

 

1998年|吉川ひなの

1998年の映画「ドラえもん のび太の南海大冒険」として起用された吉川ひなの版「ドラえもんのうた」。歌手を務めた吉川ひなのさんは、モデル、タレントとして活動されていました。最近はCM出演、書籍出版などの活動をされています。

 

2000年|ウィーン少年合唱団版

2000年の映画「ドラえもん のび太の太陽王伝説」の主題歌として起用。歴史のあるウィーン少年合唱団のドラえもん主題歌起用ということで、当時は話題になっていました。

 

2002年~2003年|東京プリン

テレビシリーズの主題歌として2002年10月4日から2003年4月11日まで使用されました。従来の「ドラえもんのうた」よりもテンポが上がり、ヘ長調に変更されています。

 

東京プリンは、エイベックス所属の2人組歌手グループ。デビュー曲「携帯哀歌」をはじめ、多くのコミックソングを生み出しています。サングラスにスーツといういで立ちが印象的でした。

 

2003年~2004年|渡辺美里

2003年4月18日から2004年4月23日までテレビシリーズのオープニング主題歌として使用されました。

 

歌手・渡辺美里さんの代表作は「I’m Free」「虹をみたかい」「My Revolution -第2章-」などなど。アルバム連続1位獲得ランキングでは、歴代5位の記録を持ちます(松田聖子、中森明菜、B’zとタイ記録)。

 

2004年~2005年|AJI

2004年4月30日から2005年3月18日までテレビシリーズ主題歌として使用されました。従来の「ドラえもんのうた」とは違い、アカペラで歌われています。

 

AJIは、男性5人組からなるヴォーカルグループ。2004年発表の「ONE MORE TIME」は、映画「恋人はスナイパー劇場版」の主題歌として起用されています。2012年には、「ほうき星」がNHK「みんなのうた」に起用されています。2015年現在は活動休止されています。

 

2005年|女子十二楽坊

声優が一新された番組リニューアル後、2005年4月15日から2005年10月21日の半年間オープニング主題歌として使用されました。インストゥルメンタルで歌はありません。ですが、放送時には歌詞のテロップが流れていました。

 

旧主題歌の起用は、旧体制と新体制のつなぎとしての役割を担ったのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク
 

【まとめ】ドラえもんのうたの次の主題歌は?

「ドラえもんのうた」は、1979年の放送開始から長きにわたって主題歌として定着してきました。声優一新した番組リニューアル後、2005年10月28日に夏川りみさんの歌う「ハグしちゃお」に引き継ぎました。

 

ただ、役目を終えたワケではありません。現在でもカラオケで歌われることも多く、多くの人の頭の中に残っています。20代後半の筆者としても、ドラえもんの主題歌といえばで思い出すのは、やはり「ドラえもんのうた」です。

 

今後も長く愛される楽曲となるのは間違いありません。

 

■関連記事
ドラえもん主題歌一覧 テレビアニメシリーズ33曲

ドラえもん主題歌の歴代歌手一覧【今現在はmao】

ドラえもん主題歌 年表まとめ【OP.ED.映画】

ドラえもん 声優一覧【初代・交代後】

のび太のママと同じ声!同声優キャラクターまとめ【7選】

のび太の声優 現在は大原めぐみ【元メイドだった】

のび太の歴代声優まとめ【初代~計4人】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です