アンパンマンオープニング「アンパンマンのマーチ」の歌詞

アニメ「それいけ!アンパンマン」のオープニングの歌詞について紹介していきます。

 

アンパンマンのオープニングは、1988年の初回放送からずっと「アンパンマンのマーチ」です。

 

背景のアニメーションは何度か差し替わっていますが、楽曲自体はずっと同じなんですよね。

 

スポンサーリンク
 

アンパンマンのオープニング「アンパンマンのマーチ」

引用元:アンパンマンポータル

「それいけ!アンパンマン」のオープニング「アンパンマンのマーチ」は、作者・やなせたかしさんの作詞です。

 

アンパンマンの楽曲の中でも、特にアンパンマンの精神を深く受け継いでいます。

 

アンパンマンのマーチ
そうだ うれしいんだ

生きるよろこび

たとえ胸の傷がいたんでも

なんのために生まれて

なにをして生きるのか

こたえられないなんて

そんなのはいやだ!

今を生きることで

熱いこころ燃える

だから君はいくんだ

ほほえんで

そうだ うれしいんだ

生きるよろこび

たとえ胸の傷がいtんでも

ああアンパンマン

やさしい君は

いけ!みんなの夢まもるため

↓歌詞全文はコチラ
アンパンマンのマーチ/ドリーミング

 

スポンサーリンク
 

歌詞が深い…

「それいけ!アンパンマン」のオープニングとして流れている「アンパンマンのマーチ」。実は、この歌詞がものすごく深いんです。

 

子供のころは何気なく聴いていた曲、何度も口ずさんだ曲のはずですが、大人になって改めて歌詞を読むとその深さに少しドキッとしてしまいます。

 

 

アンパンマンは、やなせたかしさんの戦争体験がベースになって作られています。その精神を深く反映されている「アンパンマンのマーチ」。

 

その事実を知って改めて歌詞を読むと、大人に向けられた歌詞ではないかとすら思えてきます。

 

個人的に印象に残った歌詞をいくつか抜き出してみました。

 

たとえ胸の傷がいたんでも

引用:「アンパンマンのマーチ」の歌詞より

 

人間生きていれば、誰しも過去に傷(トラウマ)を作ることはあります。大人になればなるほど、傷の数は増えていきます。

 

それでも人生は続きます。たとえ胸の傷がいたんでも生きていくのはうれしい。そんなメッセージの込められた歌詞です。

 

子供よりも、大人の方がピンとくる歌詞ですよね。

 

なんのために生まれて

なにをして生きているのか

こたえられないなんて

そんなのはいやだ!

引用:「アンパンマンのマーチ」の歌詞より

 

個人的に、アンパンマンのマーチで一番印象に残っている歌詞です。「なんのために生まれて なにをして生きるのか」。人生の最大のテーマともいえる問いかけ。

 

簡単に答えが出せるものではありません。ですが、それにこたえることができないなんて嫌ですよね。胸を張って「コレです」と応えたいものです。

 

なにが君のしあわせ

なにをしてよろこぶ

わからないままおわる

そんなのはいやだ!

引用:「アンパンマンのマーチ」の歌詞より

 

「おわる」というフレーズが印象的。「死」を遠回しに表現していますよね。

 

誰にでも訪れる死。死ぬまでに、自分は何を幸せにして生きてきたのかを確信しておきたいものですよね。

 

忘れないで夢を

こぼさないで涙

だから君はとぶんだ

どこまでも

引用:「アンパンマンのマーチ」の歌詞より

 

これも完全に大人に向けられた歌詞。特に「忘れないで夢を」という歌詞が刺さります。

 

子供のころからずっと見ていたアンパンマン。大人になって、ふとしたタイミングで見た時に「忘れないで夢を」と言われた時にドキッとしてしまいます

 

30年も続くアニメだからこそ、重みのある歌詞になっています。

 

時ははやくすぎる

光る星は消える

だから君はいくんだほほえんで

そうだ うれしいんだ

生きるよろこび

たとえどんな敵があいてでも

ああアンパンマン

やさしい君は

いけ!みんなの夢まもるため

引用:「アンパンマンのマーチ」の歌詞より

 

「アンパンマンのマーチ」を一言でまとめると、「人生の応援歌」。

 

歌詞を読んでいると、生まれてから死ぬまでずっとアンパンマンが見守っていてくれるように感じます。

 

自分が生まれる前も、死んだ後も「アンパンマン」は存在し続けます。たとえアニメが終了したとしても、アンパンマンの存在が消えることはないと思います。

 

そう考えると、「それいけ!アンパンマン」はものすごく壮大な物語のような気がしてきました。

 

スポンサーリンク
 

歌詞が2番の理由

アンパンマンのオープニング曲「アンパンマンのマーチ」。アニメの歌いだしは、「そうだおそれないで みんなのために 愛と勇気だけがともだちさ♪」と始まります。

 

この歌詞は「アンパンマンのマーチ」の2番なんです。1番の歌詞は、「そうだ うれしいんだ 生きるよろこび♪」です。

 

第1話の放送から現在に至るまで、アンパンマンのオープニングでは2番の歌詞が採用されています。劇場版も第1作目を除いて2番の歌詞です。

 

なぜ2番の歌詞なのか

 

その秘密は、やなせたかしさんの戦争体験が深く関係していました。アンパンマンの誕生にも関わってくる問題でした…。

アンパンマン オープニング歌詞が2番の理由が重い

 

■関連記事

アンパンマンたいそう歌詞の意味【泣けるけど、ある意味怖い?】
アンパンマンのマーチ 歌詞が特攻隊を連想させる理由
アンパンマンのマーチ 深い歌詞に込められた5つの意味
アンパンマン歌詞「いいことだけ♪」の楽曲なんだっけ?
アンパンマンの歴代オープニングまとめ【現在10代目】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です